ステージ
宝塚への招待

宝塚への招待

「王妃の館 ―Chateau de la Reine―」(宙組2017年)

4/26(金)午後0:45

「カルーセル輪舞曲」(月組2017年)

5/17(金)午後3:30

宝塚大劇場公演を中心にショーや芝居など多くの観客より支持された作品に加え、誰もが知る宝塚の名作や世界の文豪たちによる戯曲など、ビッグタイトルをお届けする。

My番組登録者数
  • 370
  • 宝塚への招待

    「王妃の館 ―Chateau de la Reine―」(宙組2017年)

    4/26(金)午後0:45 4/26(金)午後0:45
  • 宝塚への招待

    「カルーセル輪舞曲」(月組2017年)

    5/17(金)午後3:30 5/17(金)午後3:30
  • 宝塚への招待

    「邪馬台国の風」(花組2017年)

    5/24(金)よる6:00 5/24(金)よる6:00
  • タカラヅカスペシャル2016~Music Succession to Next~

  • 「Greatest HITS!」―早霧せいな×咲妃みゆ 副音声解説付―

  • 「金色の砂漠」(花組2016年)

  • 「バレンシアの熱い花」(宙組2016年)

  • 宝塚への招待 「雪華抄」(花組2016年)

    花鳥風月の日本の風雅な趣を題材にした格調高い舞踊絵巻。トップスター・明日海りお率いる花組が、四季の美しさとあでやかさを華やかに描く意欲的な日本物レビュー。

    2016年の花組による、出演者全員が日本物の扮装で、“春夏秋冬”“花鳥風月”といった日本ならではの趣をテーマにし、歌と踊りで構成した“日本物レビュー”。梅から始まり桜で締める季節の移ろい、情景の美しさを表現し、劇場空間をきらびやかな日本物絵巻の世界へと誘い込む圧巻のステージを展開する。
    拍子木の“チョン”という音と同時に、“パッ”と舞台上の照明が入る、いわゆる“チョンパ”と呼ばれる手法で華やかに舞台はスタートする。銀橋、本舞台、花道に豪華な衣装をまとった出演者が登場。美しい着物を身にまとい、優美に舞い踊る出演者たちにうっとり酔いしれてしまうことは間違いない。花組を率いているのは2014年よりトップスターを務める明日海りお。時に一糸乱れぬ群舞の迫力ある踊りの華やかさを、時にストーリー性に富んだ場面を、芝居と歌、踊りでドラマティックに見せる、心躍る舞台をご覧いただきたい。

    収録日・収録場所

    • 2016年12月2日/兵庫 宝塚大劇場

    出演

    • 出演
      明日海りお
    • 出演
      花乃まりあ
    • 出演
      芹香斗亜
    • 出演
      柚香光
    • 出演
      高翔みず希
    • 出演
      花野じゅりあ
    • 出演(専科)
      松本悠里

    スタッフ

    • 作・演出
      原田諒
  • 「幕末太陽傳」(雪組2017年)

  • 宝塚への招待

    「ベルリン、わが愛」(星組2017年)

  • 宝塚への招待

    「All for One」(月組2017年)

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの