ステージ
劇団☆新感線 ゲキ×シネ『髑髏城の七人~アオドクロ』

劇団☆新感線 ゲキ×シネ『髑髏城の七人~アオドクロ』

12/14(金)午後0:00

2004年に市川染五郎(現・松本幸四郎)、鈴木杏、佐藤アツヒロらが出演したド派手な舞台。新感線エンターテインメントの神髄がここに。

※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 484
劇団☆新感線 ゲキ×シネ『髑髏城の七人~アオドクロ』

2004年に市川染五郎(現・松本幸四郎)、鈴木杏、佐藤アツヒロらが出演したド派手な舞台。新感線エンターテインメントの神髄がここに。

2004年は春に“アカドクロ”を上演。そして、秋にキャスト・演出を変更して上演されたが、この“アオドクロ”。作品について、演出のいのうえひでのりは、歌や踊りを交えたド派手な舞台は、まさに新感線エンターテインメントの集大成、とコメント。また、制作発表記者会見で市川染五郎は、「(1997年に上演された)7年前に初めて観たときの感動とショックを、今度は自分が舞台の上から伝えたい」と語った。
お届けするのは、数十台ものカメラで撮影した映像を編集し、映画館で上映した「ゲキ×シネ」作品。
【ストーリー】
時は織田信長が逆臣の手に掛かってから8年が過ぎた天正18年。自らを“天魔王”と名乗る黒甲冑の武装集団“関東髑髏党”の首領は、関東の大平野にそびえる漆黒の城“髑髏城”を根城にしていた。この天魔王こそが、天下統一を目指す豊臣秀吉の前に立ちはだかる最後にして最大の敵だった。
ある日、髑髏党に追われる女・沙霧を行き掛かりから助けた狸穴二郎衛門と“玉ころがしの捨之介”は、女を隠すのには好都合だと色街、無界の里に向かう。そこで捨之介は、無界屋の主人で昔なじみの無界屋蘭兵衛と再会する。そんな無界の里にも髑髏党の手が伸びてきた。髑髏党に立ち向かう決意を固めた捨之介。彼は沙霧、二郎衛門、蘭兵衛、無界屋の遊女・極楽太夫、謎の刀鍛冶・贋鉄斎ら7人で髑髏城へと乗り込んで行く。

収録日・収録場所

  • 2004年10月/東京 日生劇場

出演

  • 松本幸四郎
  • 鈴木杏
  • 池内博之
  • ラサール石井
  • 高田聖子
  • 三宅弘城
  • 粟根まこと
  • 高杉亘
  • 川原和久
  • 佐藤アツヒロ

スタッフ

  • 中島かずき
  • 演出
    いのうえひでのり
閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの