{"prg_cd":"113418"}
{"prg_cd":"112718"}
{"prg_cd":"111808"}
{"prg_cd":"113033"}
{"prg_cd":"111464"}
{"prg_cd":"111288"}
{"prg_cd":"113412"}
{"prg_cd":"113073"}
{"prg_cd":"113445"}
{"prg_cd":"112767"}
{"prg_cd":"108943"}
{"prg_cd":"100602"}
{"prg_cd":"112637"}
{"prg_cd":"109026"}
{"prg_cd":"113524"}
{"prg_cd":"107803"}
{"prg_cd":"002147"}
{"prg_cd":"111748"}
{"prg_cd":"112440"}
{"prg_cd":"112207"}
{"prg_cd":"112730"}
{"prg_cd":"111647"}
{"prg_cd":"112794"}
{"prg_cd":"113061"}
{"prg_cd":"112624"}

音楽
長渕剛 WELCOME TO MY HOMETOWN PREMIUM LIVE AT KAGOSHIMA ARENA

長渕剛 WELCOME TO MY HOMETOWN PREMIUM LIVE AT KAGOSHIMA ARENA
現在、放送予定はありません。

待望のニューアルバム『BLACK TRAIN』を携え、また新たに走りだした長渕剛。自身7年ぶり、故郷・鹿児島では初となった2017年の大みそか公演を放送。

※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 0
長渕剛 WELCOME TO MY HOMETOWN PREMIUM LIVE AT KAGOSHIMA ARENA

待望のニューアルバム『BLACK TRAIN』を携え、また新たに走りだした長渕剛。自身7年ぶり、故郷・鹿児島では初となった2017年の大みそか公演を放送。

2017年、長渕剛は音楽シーンのど真ん中に帰ってきた。実に5年3カ月ぶりとなるアルバム『BLACK TRAIN』を携えて。彼はキャリアに安住したりしない。常に新たな表現に挑む。『BLACK TRAIN』発表後の圧倒的反響には、新しい世代からの賞賛の声が多かった。それが彼の音楽のみずみずしさを物語っている。
そして、日本武道館と大阪城ホールのステージで繰り広げられた、熱き長渕のライブ。心のぬくもりさえ凍えてしまいそうな時代に抗うように、彼は全身全霊で歌い叫んだ。その姿は、あまりにも感動的だった。
2018年は本格的デビューから40周年を迎える記念すべき年でもある。新たな一年に向けて、きっと長渕の心の中に期すものがあるだろう。除夜の鐘のように、彼の音楽が大みそかの夜空に放たれていく。サウンド・オブ・イノセンス。彼の純粋な想いが込められた“うた”をしっかりと受け止めてほしい。

収録日・収録場所

  • 2017年12月31日/鹿児島 鹿児島アリーナ

楽曲情報

  • いつかの少年
  • Black Train
  • Loser
  • マジヤベエ!
  • ろくなもんじゃねえ
  • 泣くな、泣くな、そんな事で
  • シェリー
  • 鹿児島中央STATION
  • 鶴になった父ちゃん
  • かあちゃんの歌
  • HOLD YOUR LAST CHANCE
  • 泣いてチンピラ
  • 自分のために
  • 誰かがこの僕を
  • 桜島 SAKURAJIMA
  • Captain of the Ship
  • Tomorrow
閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの