映画
ローサは密告された

ローサは密告された
現在、放送予定はありません。

フィリピンの鬼才監督B・メンドーサが、マニラのスラム街の奇妙な日常を不条理劇仕立てで活写。主演のJ・ホセが第69回カンヌ国際映画祭で女優賞に輝いた話題の注目作。

マニラのスラム街で小さな雑貨店を営むごく庶民的な夫婦が、麻薬売買の罪で密告されて突如逮捕されるはめに。その上、腐敗し切った警察の連中から多額の保釈金を要求され、一家全員がのっぴきならない状況に陥るさまを、近年さまざまな国際映画祭の賞レースを賑わし、世界的に注目を集めるフィリピンの鬼才監督メンドーサが、不条理劇仕立てで活写。国家ぐるみの麻薬撲滅キャンペーンの掛け声とは裏腹に、同国における麻薬の日常的蔓延や、警察の腐敗と退廃の実情を痛切に浮き彫りにし、またしても高い評価を得た。

My番組登録者数
  • 0
ローサは密告された

フィリピンの鬼才監督B・メンドーサが、マニラのスラム街の奇妙な日常を不条理劇仕立てで活写。主演のJ・ホセが第69回カンヌ国際映画祭で女優賞に輝いた話題の注目作。

小さな民家や商店が密集したマニラのスラム街で雑貨店を営む、ネストールとローサ夫婦と4人の子どもたち。ある週末の夕方、ローサが次男を連れて近くのスーパーまで買い出しに行って戻ったところへ、警察の連中が突如顔を見せ、店でひそかに売っていた麻薬を押収した末、ネストールとローサは逮捕されることに。警察署に連行された2人は多額の保釈金を要求され、やむなく子どもたちが各自、その金策に駆けずり回るはめとなる。

作品データ

  • 原題/Ma' Rosa
  • 制作年/2016
  • 制作国/フィリピン
  • 内容時間(字幕版)/111分
  • ジャンル/ドラマ

受賞歴

  • 第69回(2016)カンヌ国際映画祭女優賞「ジャクリン・ホセ」

出演

役名 役者名
ローサ ジャクリン・ホセ
ネストール フリオ・ディアス
ラケル アンディ・アイゲンマン
ジャクソン フェリックス・ローコー
カーウィン ジョマリ・アンヘレス

スタッフ

  • 監督
    ブリランテ・メンドーサ
  • 製作総指揮
    ブリランテ・メンドーサ
  • 製作
    ロレート・ラリー・カスティーリョ
  • 脚本
    トロイ・エスピリトゥ
  • 撮影
    オディッシー・フローレス
  • 音楽
    テリーサ・バローゾ

ユーザーレビュー

投稿されているレビューはありません。

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの