映画
マンチェスター・バイ・ザ・シー

マンチェスター・バイ・ザ・シー
現在、放送予定はありません。

第89回アカデミー賞で、作品賞ほか計6部門にノミネートされて、主演男優賞(C・アフレック)と脚本賞を受賞。他にも数々の映画賞に輝き、絶賛を博した秀作ドラマ。

兄の思わぬ急死をきっかけに、故郷の町マンチェスター・バイ・ザ・シーに戻ってくるはめとなった主人公のリー。そんな彼が、兄の遺児たるおいの後見人となり、かつてこの町で経験した耐え難い悲劇と再び向き合いながら、懸命に新たな人生の道を歩もうとするさまを、ベン・アフレックの実弟のC・アフレックが、全身に苦悩をにじませながら好演し、アカデミー賞をはじめ、幾多の主演男優賞を軒並み受賞。主人公の別れた妻に扮したM・ウィリアムズや、おい役のL・ヘッジズもそれぞれ好演を披露し、高い評価を得た。 ※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 0
マンチェスター・バイ・ザ・シー

第89回アカデミー賞で、作品賞ほか計6部門にノミネートされて、主演男優賞(C・アフレック)と脚本賞を受賞。他にも数々の映画賞に輝き、絶賛を博した秀作ドラマ。

過去に受けた心の深い傷を押し隠しながら、ボストン郊外で便利屋として働くリー。ある日、兄のジョーが倒れたと急報が届き、リーは故郷の町マンチェスター・バイ・ザ・シーへと久々に舞い戻るが、既に兄は息を引き取っていた。兄が遺言で、16歳の息子パトリックの後見人に自分を指名していたことを知らされ、やむなくリーは再び故郷の町に移り住むはめとなる。かつてここでリーは、一体どのような苦い経験を味わったのか?

作品データ

  • 原題/Manchester By The Sea
  • 制作年/2016
  • 制作国/アメリカ
  • 内容時間(字幕版)/138分
  • 内容時間(吹替版)/138分
  • ジャンル/ドラマ

出演

役名 役者名
リー・チャンドラー ケイシー・アフレック
ランディ ミシェル・ウィリアムズ
ジョー・チャンドラー カイル・チャンドラー
エリーズ・チャンドラー グレッチェン・モル
パトリック ルーカス・ヘッジズ

スタッフ

  • 監督
    ケネス・ロナーガン
  • 製作
    キンバリー・スチュワード
  • 製作
    マット・デイモン
  • 製作
    クリス・ムーアほか
  • 脚本
    ケネス・ロナーガン
  • 撮影
    ジョディ・リー・ライプス
  • 音楽
    レスリー・バーバー

関連特集

W座からの招待状

小山薫堂と信濃八太郎が本物の映画を案内

平日夜は最新映画!

ユーザーレビュー

投稿されているレビューはありません。

関連特集

W座からの招待状

小山薫堂と信濃八太郎が本物の映画を案内

平日夜は最新映画!

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの