{"prg_cd":"110586"}
{"prg_cd":"111147"}
{"prg_cd":"108372"}
{"prg_cd":"112393"}
{"prg_cd":"113523"}
{"prg_cd":"114154"}
{"prg_cd":"112740"}
{"prg_cd":"113074"}
{"prg_cd":"114208"}
{"prg_cd":"113886"}
{"prg_cd":"114168"}
{"prg_cd":"114204"}
{"prg_cd":"114287"}
{"prg_cd":"114293"}
{"prg_cd":"114188"}
{"prg_cd":"113724"}
{"prg_cd":"113904"}
{"prg_cd":"113125"}
{"prg_cd":"112730"}
{"prg_cd":"113905"}
{"prg_cd":"114200"}
{"prg_cd":"113119"}
{"prg_cd":"113643"}
{"prg_cd":"112133"}
{"prg_cd":"113802"}

ステージ
野田秀樹「One Green Bottle」 ~「表に出ろいっ!」English Version~

野田秀樹「One Green Bottle」
現在、放送予定はありません。

中村勘三郎と野田秀樹の名舞台が英語版としてまったく違うアプローチでよみがえった。大竹しのぶ、阿部サダヲの副音声も付いて丁々発止のやりとりが繰り広げられる。

※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 0
野田秀樹「One Green Bottle」

中村勘三郎と野田秀樹の名舞台が英語版としてまったく違うアプローチでよみがえった。大竹しのぶ、阿部サダヲの副音声も付いて丁々発止のやりとりが繰り広げられる。

野田秀樹作・演出の舞台。2010年にNODA・MAP番外公演として、今は亡き中村勘三郎と野田が夫婦役を演じ、劇場を沸かせた伝説のステージが2017年、脚本も新たに英語版としてまったく違ったアプローチでよみがえった。
登場人物はアミューズメントパークに心酔する父親、アイドルグループの熱狂的ファンである母親、インターネットに執着する娘の3人。今回は父親役にキャサリン・ハンター、娘役にグリン・プリチャードという「THE BEE」「THE DIVER」で野田作品に出演し、客席を震撼させたイギリスで活躍する名優たちが登場する。男性役を女性が、女性役を男性が演じるというジェンダーチェンジによってそれぞれの性が浮き彫りになり、ラストシーンの印象がガラリと変わる名舞台が生まれた。日本語副音声では、母親を野田本人が演じるほか、父親を大竹しのぶ、娘を阿部サダヲが担当し、丁々発止のやりとりを繰り広げる。

収録日・収録場所

  • 2017年11月15日/東京 東京芸術劇場 シアターイースト

出演

  • 出演
    キャサリン・ハンター
  • 出演
    グリン・プリチャード
  • 出演
    野田秀樹
  • 作調・演奏
    田中傳左衛門
  • 吹替(副音声)
    大竹しのぶ
  • 吹替(副音声)
    阿部サダヲ
  • 吹替(副音声)
    野田秀樹

スタッフ

  • 作・演出
    野田秀樹
  • 英語翻案
    ウィル・シャープ
閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの