{"prg_cd":"112025"}
{"prg_cd":"113549"}
{"prg_cd":"113445"}
{"prg_cd":"113418"}
{"prg_cd":"113740"}
{"prg_cd":"111288"}
{"prg_cd":"112718"}
{"prg_cd":"113645"}
{"prg_cd":"113648"}
{"prg_cd":"113199"}
{"prg_cd":"113098"}
{"prg_cd":"111539"}
{"prg_cd":"113097"}
{"prg_cd":"113523"}
{"prg_cd":"112392"}
{"prg_cd":"113259"}
{"prg_cd":"114122"}
{"prg_cd":"113096"}
{"prg_cd":"113073"}
{"prg_cd":"112740"}
{"prg_cd":"113092"}
{"prg_cd":"113211"}
{"prg_cd":"113647"}
{"prg_cd":"111714"}
{"prg_cd":"113646"}

音楽
デヴィッド・ギルモア ライブ・アット・ポンペイ

デヴィッド・ギルモア ライブ・アット・ポンペイ
現在、放送予定はありません。

ピンク・フロイドのターニング・ポイントとなったポンペイの円形競技場での演奏から45年。ギタリストのデヴィッド・ギルモアが新たな歴史を刻んだ2016年の公演。

※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 0
デヴィッド・ギルモア ライブ・アット・ポンペイ

ピンク・フロイドのターニング・ポイントとなったポンペイの円形競技場での演奏から45年。ギタリストのデヴィッド・ギルモアが新たな歴史を刻んだ2016年の公演。

ピンク・フロイドが2014年に発売したラストアルバム『永遠(TOWA)』までバンドを牽引し続け、ファンやメディアから敬意を込めて“The Voice And Guitar Of Pink Floyd”と称されるデヴィッド・ギルモア。彼が2016年にイタリアの古代遺跡、ポンペイ円形闘技場で行なったライブをお届けする。
ギルモアはピンク・フロイド時代の1971年に同地でライブを行なっており、その模様は映画『ピンク・フロイド/ライブ・アット・ポンペイ』にもなったが、今回はそれ以来45年ぶりの、いわば凱旋ライブ。ピンク・フロイドの重要なレパートリーのほぼすべてとソロの楽曲を一線級のバンドとともに繰り広げるギルモアの、艶やかでエモーショナルなギターと渋みを増した歌声が絶品。かつて古代都市ポンペイを火砕流と火山灰で埋め尽くしたベズビオ火山を背後に望む円形闘技場の重厚な雰囲気、会場全体を彩るスペクタクルな照明の効果も圧巻だ。

収録日・収録場所

  • 2016年7月7日、8日/イタリア ポンペイ円形闘技場

楽曲情報

  • 5A,M,
  • RATTLE THAT LOCK
  • FACES OF STONE
  • THE GREAT GIG IN THE SKY
  • WISH YOU WERE HERE
  • IN ANY TONGUE
  • COMING BACK TO LIFE
  • SORROW
  • COMFORTABLY NUMB
閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの