ステージ
フェスティバル・ナ・ヒヴァヒヴァ・ハワイ 2017 ~日本最大級のフラの祭典 10th ANNIVERSARY~

フェスティバル・ナ・ヒヴァヒヴァ・ハワイ 2017
現在、放送予定はありません。

ハワイを代表する2大イベントをまとめて楽しめる、日本最大級のフラの祭典。2017年で10周年を迎えた記念公演を放送。歴代のミス・アロハ・フラが来日。

「メリー・モナーク・フェスティバル」は、毎年復活祭の週にハワイ島のヒロで開催される。開催当初はハワイの伝統文化を伝承するための祭りだったが、1971年からフラを復活させるべく現在のような競技会中心のプログラムになった。一方、2017年に記念すべき40回を迎えた「ナ・ホク・ハノハノ・アワーズ」はハワイ版グラミー賞ともいわれる音楽賞で、毎年5月にホノルルで開催される。賞の種類は「最優秀ハワイ語パフォーマンス」「最優秀スラックキーギターアルバム」など、ハワイ独自の文化が反映される部門を含め30以上にも上る。

My番組登録者数
  • 0
フェスティバル・ナ・ヒヴァヒヴァ・ハワイ 2017

ハワイを代表する2大イベントをまとめて楽しめる、日本最大級のフラの祭典。2017年で10周年を迎えた記念公演を放送。歴代のミス・アロハ・フラが来日。

ハワイを代表するフラの競技会「メリー・モナーク・フェスティバル」とハワイアンミュージックの祭典「ナ・ホク・ハノハノ・アワーズ」。ともにハワイ全土でテレビの生中継が行なわれるほど、当地では多くの人から注目を集めるステージだ。この2大イベントの上位入賞者が日本で一堂に集う「フェスティバル・ナ・ヒヴァヒヴァ・ハワイ」の10周年記念公演を放送する。
「メリー・モナーク・フェスティバル2017」からは、女性ソロ優勝者「ミス・アロハ・フラ」に輝いたケリナ・キョーコ・ケアノイレフア・ティファニー・エルドリッジが出演。エルドリッジは、本戦で同点1位となったダンサーとタイブレークを争い接戦を制した。ほか、男性部門「カネ」、女性部門「ワヒネ」それぞれの優勝から第3位までを獲得したハーラウも登場する。今回は10周年記念公演とあって、これまでの「ナ・ヒヴァ」を彩った歴代の「ミス・アロハ・フラ」が来日したのも大きな魅力。
「ナ・ホク・ハノハノ・アワーズ2017」からは、新進バンドでありながら最優秀アルバム賞のほか、過去最多の9部門を受賞したケアウホウが登場。スリーピースバンドのケアウホウは、現地ではハワイの伝統音楽をベースにした楽曲で知られる。また、最優秀男性ボーカリスト賞など2部門を受賞したジョシュ・タトフィが来日し、ステージを盛り上げる。

収録日・収録場所

  • 2017年9月18日/東京 TOKYO DOME CITY HALL

【ミス・アロハ・フラ】

出演

  • ケリナ・キョーコ・ケアノイレフア・ティファニー・エルドリッジ(ロバート・ケアノ・カウプIV&ロノ・パディラ)

【カネ】

出演

  • カヴァイリウラー(チンキー・マーホエ)
  • ハーラウ・イ・カ・ヴェーキウ(カール・ヴィト・ベイカー&マイケル・ラナキラ・キャスパン)
  • ハーラウ・ケクアオカラーアウアライリアヒ(イリアヒ&ハウナニ・パレデス)

【ワヒネ】

出演

  • カ・ラー・オーノヒ・マイ・オ・ハエハエ(トレイシー&ケアヴェ・ロペス)
  • ハーラウ・ヒイアカイナーマカレフア(ロバート・ケアノ・カウプIV&ロノ・パディラ)
  • フラ・ハーラウ・オ・カムエラ(カウイオナーラニ・カマナオ&クネヴァ・ムック)

【ナ・ホク・ハノハノ・アワーズ2017受賞2組】

出演

  • KEAUHOU ケアウホウ
  • JOSH TATOFI ジョシュ・タトフィ
閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの