{"prg_cd":"109171"}
{"prg_cd":"110292"}
{"prg_cd":"113549"}
{"prg_cd":"113250"}
{"prg_cd":"105759"}
{"prg_cd":"108252"}
{"prg_cd":"107212"}
{"prg_cd":"021421"}
{"prg_cd":"100493"}
{"prg_cd":"110631"}
{"prg_cd":"111925"}
{"prg_cd":"112003"}
{"prg_cd":"112326"}
{"prg_cd":"111780"}
{"prg_cd":"113080"}
{"prg_cd":"113445"}
{"prg_cd":"113199"}
{"prg_cd":"113043"}
{"prg_cd":"113504"}
{"prg_cd":"113648"}
{"prg_cd":"113584"}
{"prg_cd":"112857"}
{"prg_cd":"113822"}
{"prg_cd":"108840"}
{"prg_cd":"107803"}

ステージ
メトロポリタン・オペラ

メトロポリタン・オペラ

ドヴォルザーク《ルサルカ》 新演出

10/9(火)午前10:00

A・ネトレプコ主演《エフゲニー・オネーギン》

10/13(土)よる6:30

世界最高峰メトロポリタン歌劇場からのオペラ中継。最先端の演出と超一流の歌手による超絶技巧のコラボレーション。幕間には歌い終わったばかりの歌手のインタビューも。

ニューヨークにある世界最大級のオペラハウス「メトロポリタン歌劇場」。1883年に創設されて以来、最高水準のオペラを上演し続けるこの舞台は、世界トップ歌手たちの夢 続きを読む ※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 303
  • メトロポリタン・オペラ

    ドヴォルザーク《ルサルカ》 新演出

    10/9(火)午前10:00 10/9(火)午前10:00
  • メトロポリタン・オペラ

    メトロポリタン・オペラ A・ネトレプコ主演《エフゲニー・オネーギン》

    10/13(土)よる6:30 10/13(土)よる6:30
    メトロポリタン・オペラ

    現代オペラ界の女王アンナ・ネトレプコが他の追随を許さぬ情熱的な歌唱で魅了。青年貴族と、田舎育ちの文学少女から社交界の華へと成長した女性の“愛のすれ違い”の物語。

    ロシアを代表する文学者プーシキンの同名小説を原作に、チャイコフスキーが作曲。1877年に不幸な結婚をした彼が、波乱の日々の中で創作したロシア・オペラ史上屈指の叙情的名作といわれ、詩情豊かな恋愛ドラマに仕立てられている。青年貴族オネーギンと、夢見がちな文学少女タチヤーナとの実らぬ恋、そして失恋したタチヤーナが、“サンクトペテルブルクの社交界の華”とうたわれる淑女へと変身していく成長の物語でもある。
    豊かな表現力と劇的な歌唱力でますます高い評価を得ている世界の歌姫、A・ネトレプコが十八番であるタチヤーナを熱演。彼女が、夜を徹してオネーギンに想いの丈を綴る「タチヤーナの手紙の場面」は最大の聴きどころとなっている。相手役のオネーギンには、名バリトン、P・マッテイ。チャイコフスキーの名作が声・容姿・演技力すべてをそろえた二大スターの夢の競演でMETの舞台によみがえる。

    収録日・収録場所

    • 2017年4月22日/アメリカ・ニューヨーク州ニューヨーク メトロポリタン歌劇場

    出演

    役名 役者名 役割
    ロビン・ティチアーティ 指揮
    エフゲニー・オネーギン ペーター・マッテイ 出演
    タチヤーナ アンナ・ネトレプコ 出演
    レンスキー アレクセイ・ドルゴフ 出演
    オリガ エレーナ・マクシモワ 出演

    スタッフ

    • 演出
      デボラ・ワーナー

    関連特集

    土曜ステージ

    土曜夜はチケット入手困難な話題のステージ

  • メトロポリタン・オペラ

    P・ドミンゴ主演 ヴェルディ《ナブッコ》

    10/23(火)午後2:00 10/23(火)午後2:00
閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの