{"prg_cd":"106001"}
{"prg_cd":"114154"}
{"prg_cd":"112740"}
{"prg_cd":"113074"}
{"prg_cd":"114208"}
{"prg_cd":"114168"}
{"prg_cd":"113886"}
{"prg_cd":"114287"}
{"prg_cd":"114204"}
{"prg_cd":"114293"}
{"prg_cd":"114188"}
{"prg_cd":"113904"}
{"prg_cd":"113125"}
{"prg_cd":"113724"}
{"prg_cd":"112730"}
{"prg_cd":"113905"}
{"prg_cd":"114200"}
{"prg_cd":"113643"}
{"prg_cd":"114420"}
{"prg_cd":"113119"}
{"prg_cd":"113898"}
{"prg_cd":"113841"}
{"prg_cd":"113756"}
{"prg_cd":"112133"}
{"prg_cd":"113802"}

ステージ
TEXAS テキサス 長塚圭史×河原雅彦×星野源

TEXAS テキサス
現在、放送予定はありません。

星野源が初めて主演した伝説の舞台。6年ぶりに帰った故郷では整形が大流行!?ヘビーな現実を目の当たりにした男のバイオレンス・エンターテインメント作品。

主演は2016年にTBS系で放送されたドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」に主演し、人気が沸騰した星野源。本作は、彼が初めて主演した伝説の舞台作品。また、作は劇団「阿佐ヶ谷スパイダース」を旗揚げ以降、活動の幅を広げ「LAST SHOW-ラストショウ-」で第13回読売演劇大賞優秀作品賞を受賞した長塚圭史。演出は、主宰していた劇団「HIGHLEG JESUS」の解散後もエッジの利いた舞台を演出し続け、「父帰る」「屋上の狂人」で第14回読売演劇大賞優秀演出家賞を受賞した河原雅彦が手掛けた。 ※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 0
TEXAS テキサス

星野源が初めて主演した伝説の舞台。6年ぶりに帰った故郷では整形が大流行!?ヘビーな現実を目の当たりにした男のバイオレンス・エンターテインメント作品。

6年ぶりに帰省したら故郷の町で整形手術が大流行。出会うのはほとんどが見たことのない人たち。そんな衝撃の出来事に直面した男が主人公のステージを放送する。この作品は2001年に初演されたが、今回は2012年に再演されたバージョンをお届けする。
【ストーリー】
舞台はトロッコに乗らなければたどりつけないほどの田舎町。ある夕暮れ時、この町に都会的な雰囲気を漂わせる青年・遠藤マサル(星野源)とその恋人・伶奈(木南晴夏)がやって来る。この町はマサルの故郷で、東京からの6年ぶりの帰省だった。訳ありげな包みを大切に持つマサルは実家に到着。だが、姉である聖子の代わりに見知らぬ美しい女(野波麻帆)が家から出てくる。女は、自分が聖子だと言い張る。
弟の里帰りを喜ぶ聖子は交際中の沼田(政岡泰志)と一緒に歓迎会を企画する。マサル宅には友人の長内(松澤一之)や矢野(伊達暁)が招かれるが、やはり顔に見覚えがない。実は、町では東京から比呂島(湯澤幸一郎)という医師が来てからというもの整形手術が大流行していたのだ。整形手術をしていない町民の川島(高橋和也)やマサルを東京から追ってきた借金取りの四ツ星(岡田義徳)をも巻き込み、静かでのどかだったこの町に重大な異変が生じ始める。

収録日・収録場所

  • 2012年4月/東京 パルコ劇場

出演

  • 星野源
  • 木南晴夏
  • 野波麻帆
  • 岡田義徳
  • 福田転球
  • 政岡泰志
  • 伊達暁
  • 吉本菜穂子
  • 山岸門人
  • ブライアリー・ロング
  • 湯澤幸一郎
  • 河原雅彦
  • 高橋和也
  • 松澤一之

スタッフ

  • 長塚圭史
  • 演出
    河原雅彦
閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの