映画
肉弾

5/23(木)午前5:00

肉弾

昭和20年夏、終戦間際に特攻兵となった一青年の悲哀に満ちた青春を、戦中派世代の鬼才・岡本喜八監督が、痛烈な皮肉とユーモア、ペーソスを込めて描いた彼の代表作。

当時、既に東宝の娯楽活劇の名手として長年活躍していた岡本監督が、前年にオールスターキャストで手掛けた大作「日本のいちばん長い日」とは対照的に、庶民の側から見た終戦を描きたいと自主的に企画を練り、ATGとの共同製作で本作を発表。文学座の若手俳優・寺田農が主人公の<あいつ>、そして新人の大谷直子が、一般公募からヒロインの少女に抜擢されて、みずみずしい好演を披露。低予算のモノクロ映画ながら、岡本監督の想いが全編に詰まった渾身の一作に仕上がり、自他ともに認める彼の代表作となった。

肉弾

昭和20年夏、終戦間際に特攻兵となった一青年の悲哀に満ちた青春を、戦中派世代の鬼才・岡本喜八監督が、痛烈な皮肉とユーモア、ペーソスを込めて描いた彼の代表作。

昭和20年夏、魚雷にくくりつけられたドラム缶の中にうずくまりながら太平洋をあてどなく漂流する、21歳の無名の一兵士<あいつ>がいた。広島に原爆が落とされ、ソ連も参戦して、既に日本の敗北が決定的になる中、人間以下の家畜同然の日々を送っていた落第幹部候補生の彼は、特攻隊員に突如指名され、一足飛びに神へと昇進。一日限りの外出を許された<あいつ>は女郎屋へと出向き、そこで出会った少女と運命の恋に落ちる。

作品データ

  • 制作年/1968
  • 制作国/日本
  • 内容時間/117分
  • ジャンル/ラブロマンス/青春・コメディ・歴史劇/時代劇/西部劇

出演

役名 役者名
あいつ 寺田農
少女 大谷直子
天本英世
古本屋のオジイサン 笠智衆
古本屋のオバアサン 北林谷栄
区隊長 田中邦衛
オワイ船の船長 伊藤雄之助

スタッフ

  • 監督
    岡本喜八
  • 脚本
    岡本喜八
  • 撮影
    村井博
  • 音楽
    佐藤勝

関連特集

映画に出会う![生誕100年 岡本喜八監督特集]

日本映画界を代表する名匠の足跡を振り返る

岡本喜八監督特集

ユーザーレビュー

投稿されているレビューはありません。

関連特集

映画に出会う![生誕100年 岡本喜八監督特集]

日本映画界を代表する名匠の足跡を振り返る

岡本喜八監督特集

閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの