映画
乱れる

乱れる

9/18(水)午前5:00

既にこの世を去って久しい兄の妻に恋心を抱く青年が、意を決して彼女と逃避行の旅へと出発。成瀬巳喜男監督が高峰秀子&加山雄三の共演で放った、衝撃の名作メロドラマ。

戦争で夫を亡くした後も嫁ぎ先に長らく留まり、家のために懸命に尽くしてきたヒロイン。自分にとっては兄嫁に当たる彼女にひそかに恋心を抱く義弟が、思い切って彼女と逃避行の旅へと出発。果たして2人の気になる運命の行く末や、いかに? 高峰の夫である松山善三が、最初はTVドラマとして書いたオリジナルの脚本を、名匠・成瀬監督が息詰まるタッチで映画化。高峰がヒロインを演じる一方、当時「若大将」シリーズで活躍していた加山が、成瀬映画に初参加して新生面を開く熱演を披露するのも見もの。

My番組登録者数
  • 167
乱れる

既にこの世を去って久しい兄の妻に恋心を抱く青年が、意を決して彼女と逃避行の旅へと出発。成瀬巳喜男監督が高峰秀子&加山雄三の共演で放った、衝撃の名作メロドラマ。

戦争中、静岡県の清水にある森田屋酒店に長男の妻として嫁いできた礼子。しかし、ごく短い結婚生活を経て夫は戦死。礼子はその後も森田家に留まって店を切り盛りしてきたが、最近は経営が逼迫し、次男の幸司が東京での会社員生活を辞めて帰郷し、実家の仕事を手伝うようになっていた。やがて礼子は半ば追い出されるようにして森田家を後にし、東北の実家へ戻る決意をするが、義姉に長年恋心を抱いていた幸司が、彼女の後を追う。

作品データ

  • 制作年/1964
  • 制作国/日本
  • 内容時間/99分
  • ジャンル/ドラマ・ラブロマンス/青春

出演

役名 役者名
森田礼子 高峰秀子
森田幸司 加山雄三
森田しず 三益愛子
森田久子 草笛光子
森田孝子 白川由美

スタッフ

  • 監督
    成瀬巳喜男
  • 脚本
    松山善三
  • 撮影
    安本淳
  • 音楽
    斎藤一郎

関連特集

映画に出会う![没後50年 成瀬巳喜男監督特集]

邦画史を代表する名監督の没後半世紀を記念

ユーザーレビュー

現在、2件のレビューが登録されています。

  • 「ヤルセナキオ」印

    • ★★★★☆
    • ウォルシュ
    • 2019/07/26 22:33

    「ヤルセナキオ」印のやるせなさは決して嫌いではなく、どちらかというと心地良い、成瀬巳喜男にしか表現できない切なさだと思っていたので、本作もいい感じのメロドラマ中 続きを読む

  • 説得力がすごい

    • ★★★★★
    • ミーケン
    • 2019/07/05 21:35

    成瀬巳喜男監督作品特集ということで、「放浪記」と「乱れる」を鑑賞。最初は見る気がなくても、見入ってしまった。
    二作品とも高峰秀子の名演技に感心するのだが、「乱れ
    続きを読む

ログインしてレビューを投稿する

関連特集

映画に出会う![没後50年 成瀬巳喜男監督特集]

邦画史を代表する名監督の没後半世紀を記念

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの