ステージ
福田雄一×井上芳雄「グリーン&ブラックス」

毎月第4水曜よる11:00
※変更の場合あり
福田雄一×井上芳雄「グリーン&ブラックス」

#31

4/6(月)午後0:30

#32

4/6(月)午後1:00

福田雄一と井上芳雄がスターを迎えて贈るミュージカル・コメディ。3年目を迎え、コントや歌などに加え、スタジオを飛び出したロケ企画など、パワーアップしてお届けする。

福田雄一×井上芳雄とミュージカル界の仲間たちが放つ、WOWOWオリジナルミュージカルコメディ「グリーン&ブラックス」。珠玉のミュージカルナンバーが堪能できるミュ 続きを読む

My番組登録者数
  • 672
  • 福田雄一×井上芳雄「グリーン&ブラックス」

    #31

    4/6(月)午後0:30 4/6(月)午後0:30
  • 福田雄一×井上芳雄「グリーン&ブラックス」

    #32

    4/6(月)午後1:00 4/6(月)午後1:00
  • 福田雄一×井上芳雄「グリーン&ブラックス」

    #33

    4/24(金)深夜3:15 4/24(金)深夜3:15
  • 福田雄一×井上芳雄「グリーン&ブラックス」

    #36

    4/25(土)よる10:15 4/25(土)よる10:15
  • 福田雄一×井上芳雄「グリーン&ブラックス」

    #37

    4/29(水・祝)よる11:00 4/29(水・祝)よる11:00
    5/17(日)午後2:45 5/17(日)午後2:45
  • 福田雄一×井上芳雄「グリーン&ブラックス」

    #30

    5/1(金)午後3:30 5/1(金)午後3:30
  • #38

    5/20(水)よる11:00 5/20(水)よる11:00
  • 福田雄一×井上芳雄「グリーン&ブラックス」

    福田雄一×井上芳雄「グリーン&ブラックス」 #14

    福田雄一×井上芳雄「グリーン&ブラックス」

    楽屋にやって来た井上芳雄に共演者が全員なぜかよそよそしい。そこへ井上ファンの渡辺麻友が訪ねてくるが、まさかの渡辺まで井上に冷たい態度。一体何が起こっているのか?

    歌と演技とダンス、そのすべてのジャンルにおいてプロフェッショナルであることが求められる、ミュージカル俳優。ミュージカルを上演している劇場の楽屋では、そんなミュージカル俳優の実態を垣間見ることができる。楽屋にやって来た井上芳雄に、共演者が全員なぜかよそよそしい。そこへ井上ファンの渡辺麻友が訪ねてくるが、まさかの渡辺まで井上に冷たい態度。ミュージカル界のプリンスに一体何が起こっているのか?

    コメディドラマの出演者

    井上芳雄

    福岡県福岡市出身。東京藝術大学音楽学部声楽科在学中の2000年にミュージカル『エリザべート』で鮮烈なデビューを果たす。以降『モーツァルト!』『グレート・ギャツビー』などのミュージカルほか、『組曲虐殺』『陥没』『謎の変奏曲』などのストレート作品にも出演多数。NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」、TBS「小さな巨人」に出演。BS-TBS『美しい日本に出会う旅』ではナレーションのひとりを務めるほか、自身初のレギュラー番組としてTBSラジオ『井上芳雄 by MYSELF』のラジオパーソナリティーなど活躍の場を拡げている。第63回芸術選奨文部科学大臣新人賞演劇部門他、多数受賞。
    2017年10月4日に初のシングルCD『風のオリヴァストロ』を発売。2018年ミュージカル「ナイツ・テイル―騎士物語―」、2019年ミュージカル「ナターシャ・ピエール・アンド・ザ・グレート・コメット・オブ・1812」、「十二番目の天使」などの出演を控えている。

    中川晃教

    2001年8月1日、自身が作詞作曲をした「I WILL GET YOUR KISS」でデビュー。同曲にて第34回日本有線大賞新人賞を受賞。02年、日本初演となるミュージカル「モーツァルト!」の主役に抜擢、以降音楽活動と並行し俳優としても活動を開始。近年の主な出演作品として「抜目のない未亡人」(三谷幸喜演出)、「グランドホテル」(トム・サザーランド演出)、「フランケンシュタイン」(板垣恭一演出)等。2016年に主演を務めたミュージカル「ジャージー・ボーイズ」では第24回読売演劇大賞最優秀男優賞、第42回菊田一夫演劇賞を受賞。2018年6月「『銀河鉄道999』〜GALAXY OPERA〜」星野鉄郎役で出演決定。
    9月より「ジャージー・ボーイズ」再演が控える。

    柚希礼音

    2009年宝塚歌劇団星組トップスターとなる。主な主演舞台に『ロミオとジュリエット』『オーシャンズ11』『眠らない男・ナポレオンー愛と栄光の涯にー』など。2014年には、日本武道館での単独コンサートを実現するなど、宝塚歌劇100周年を支えるトップスターとして活躍。第30回松尾芸能新人賞、第65回文化庁芸術祭賞演劇部門新人賞、第37回菊田一夫演劇賞受賞。2015年に宝塚歌劇団を退団して以降も、『プリンス・オブ・ブロードウェイ』『バイオハザード〜ヴォイス・オブ・ガイア〜』『お気に召すまま』『ビリー・エリオット〜リトル・ダンサー~』『マタ・ハリ』など、次々に話題作に出演。2018年4月~7月まで、地球ゴージャスプロデュース公演Vol.15『ZEROTOPIA』に出演中。10~11月にはコンサート『REON JACK3』を開催。

    藤岡正明

    1982年12月18日生まれ。東京都出身。『ASAYAN』超男子ヴォーカリスト・オーディションをきっかけに2001年メジャーデビュー。そして05年、『レ・ミゼラブル』のマリウス役でミュージカル界にもデビューを果たす。2008年には『ミス・サイゴン』のクリス役を演じ、以後、数々のミュージカル作品に出演している。2017年12月には舞台『欲望という名の電車』に出演し、役者としても高く評価された。自らの演劇ユニット「青唐辛子」では、脚本・演出・音楽・出演すべてを手掛けるなど多才ぶりを発揮し今後の活動が期待される。主な出演作に『ブラッド・ブラザーズ』、『レント』、『ザ・ビューティフル・ゲーム』、『シスター・アクト~天使にラブ・ソングを~』、『タイタニック』、『DNA-SHARAKU』、『グランドホテル』、『ジャージー・ボーイズ』、『ビリー・エリオット』など。

    愛原実花

    2004年宝塚歌劇団に入団。『スサノオ/タカラヅカ・グローリー』で初舞台を踏む。2009年『ロシアン・ブルー魔女への鉄槌/RIO DE BRAVO!!』で雪組トップ娘役に抜擢される。2010年に退団後は舞台を中心にドラマにも活躍の場を広げ、大河ドラマ『平清盛』、連続テレビ小説「マッサン」などに出演。主な舞台出演作は、『ザ・オダサク』、『ラ・カージュ・オ・フォール』、『グレイト・ギャツビー』、『熱海殺人事件』、『ナイスガイinニューヨーク』など。

    渡辺麻友

    1994年3月26日生まれ。埼玉県出身。2007年からAKB48の3期生として活動を開始し、2014年に行われた第6回AKB48総選挙で1位に輝く。第一回目のAKB48総選挙から全て7位内にランクインした唯一の神7。2017年大晦日のNHK紅白を最後に11年間在籍したAKB48を卒業。出演作にはテレビ東京「さばドル」、フジテレビ「戦う!書店ガール」、テレビ朝日「サヨナラ、えなりくん」など他多数。2018年5月に自身初となるミュージカル「アメリ」に主役として出演。

    【コメディドラマ】

    出演

    • 出演
      井上芳雄
    • ゲスト出演
      中川晃教
    • ゲスト出演
      柚希礼音
    • ゲスト出演
      藤岡正明
    • ゲスト出演
      愛原実花
    • ゲスト出演
      渡辺麻友

    スタッフ

    • 脚本・監督
      福田雄一

    【トークコーナー】

    出演

    • 出演
      井上芳雄
    • ゲスト出演
      中川晃教
    • ゲスト出演
      昆夏美
    • ゲスト出演
      藤岡正明
    • ゲスト出演
      愛原実花
    • ゲスト出演
      川久保拓司
    • ゲスト出演
      実咲凜音
    • トークコーナー司会
      福田雄一

    【歌】

    楽曲情報

    • Waving Through A Window/井上
    • どうやって伝えよう/浦井×城田

    出演

    • 出演
      井上芳雄
    • ゲスト出演
      浦井健治
    • ゲスト出演
      城田優
閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの