{"prg_cd":"113201"}
{"prg_cd":"113198"}
{"prg_cd":"113415"}
{"prg_cd":"113523"}
{"prg_cd":"113205"}
{"prg_cd":"111621"}
{"prg_cd":"111523"}
{"prg_cd":"113371"}
{"prg_cd":"112443"}
{"prg_cd":"113206"}
{"prg_cd":"113200"}
{"prg_cd":"113251"}
{"prg_cd":"113724"}
{"prg_cd":"114154"}
{"prg_cd":"112210"}
{"prg_cd":"112603"}
{"prg_cd":"113464"}
{"prg_cd":"113841"}
{"prg_cd":"114171"}
{"prg_cd":"065789"}
{"prg_cd":"111813"}
{"prg_cd":"111290"}
{"prg_cd":"112484"}
{"prg_cd":"111781"}
{"prg_cd":"112946"}

ステージ
福田雄一×井上芳雄「グリーン&ブラックス」

毎月第4土曜深夜0:00
※変更の場合あり
福田雄一×井上芳雄「グリーン&ブラックス」

#20

12/22(土)よる11:30

#21

12/22(土)深夜0:00

舞台や映像の世界で活躍する福田雄一と井上芳雄の2人がスターを迎えお贈りするミュージカル・コメディ。福田節炸裂のドラマや、歌、トークがぎゅっと詰まった極上アワー。

福田雄一×井上芳雄とミュージカル界の仲間たちが放つ、WOWOWオリジナルミュージカルコメディ「グリーン&ブラックス」。物語の舞台はミュージカルを上演している劇場 続きを読む ※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 17
  • 963
  • 福田雄一×井上芳雄「グリーン&ブラックス」

    #20

    12/22(土)よる11:30 12/22(土)よる11:30
    1/12(土)よる11:00 1/12(土)よる11:00
  • 福田雄一×井上芳雄「グリーン&ブラックス」

    #21

    12/22(土)深夜0:00 12/22(土)深夜0:00
    1/12(土)よる11:30 1/12(土)よる11:30
  • #22

    1/26(土)深夜0:00 1/26(土)深夜0:00
  • 福田雄一×井上芳雄「グリーン&ブラックス」

    福田雄一×井上芳雄「グリーン&ブラックス」 #11

    福田雄一×井上芳雄「グリーン&ブラックス」

    いつもの楽屋には、瀬奈じゅんと昆夏美がそれぞれ無言で座っている。2人の間に流れる不穏な空気。そこへやって来た井上芳雄たち男性陣。

    歌と演技とダンス、すべてのジャンルにおいてプロフェッショナルであることが求められる、ミュージカル俳優。ミュージカルを上演している劇場の楽屋では、そんなミュージカル俳優の実態を垣間見ることができる。いつもの楽屋には、瀬奈じゅんと昆夏美がそれぞれ無言で座っている。2人の間に流れる不穏な空気。そこへやって来た井上芳雄たち男性陣は、なんとか2人の仲を取り持とうとするが……。

    コメディドラマの出演者

    井上芳雄

    福岡県福岡市出身。東京藝術大学音楽学部声楽科在学中の2000年にミュージカル『エリザべート』で鮮烈なデビューを果たす。以降『モーツァルト!』『グレート・ギャツビー』などのミュージカルほか、『組曲虐殺』『陥没』『謎の変奏曲』などのストレート作品にも出演多数。NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」、TBS「小さな巨人」に出演。BS-TBS『美しい日本に出会う旅』ではナレーションのひとりを務めるほか、自身初のレギュラー番組としてTBSラジオ『井上芳雄 by MYSELF』のラジオパーソナリティーなど活躍の場を拡げている。第63回芸術選奨文部科学大臣新人賞演劇部門他、多数受賞。
    2017年10月4日に初のシングルCD『風のオリヴァストロ』を発売。2018年ミュージカル「ナイツ・テイル―騎士物語―」、2019年ミュージカル「ナターシャ・ピエール・アンド・ザ・グレート・コメット・オブ・1812」、「十二番目の天使」などの出演を控えている。

    中川晃教

    2001年8月1日、自身が作詞作曲をした「I WILL GET YOUR KISS」でデビュー。同曲にて第34回日本有線大賞新人賞を受賞。02年、日本初演となるミュージカル「モーツァルト!」の主役に抜擢、以降音楽活動と並行し俳優としても活動を開始。近年の主な出演作品として「抜目のない未亡人」(三谷幸喜演出)、「グランドホテル」(トム・サザーランド演出)、「フランケンシュタイン」(板垣恭一演出)等。2016年に主演を務めたミュージカル「ジャージー・ボーイズ」では第24回読売演劇大賞最優秀男優賞、第42回菊田一夫演劇賞を受賞。2018年6月「『銀河鉄道999』〜GALAXY OPERA〜」星野鉄郎役で出演決定。
    9月より「ジャージー・ボーイズ」再演が控える。

    浦井健治

    東京都出身。2000年『仮面ライダークウガ』でデビュー。04年『エリザベート』ルドルフ皇太子役に抜擢。以降、ミュージカル、ストレートプレイ、映像作品と幅広いジャンルの作品に出演。第22回読売演劇大賞最優秀男優賞、第67回芸術選奨文部科学大臣演劇部門新人賞など数々の演劇賞を受賞。16年にはアルバムリリースと、ソロコンサートを国際フォーラム・ホールAで行うなど、多彩な活動を展開。主な出演作として【舞台】『アルジャーノンに花束を』、『ヘンリー六世』、『王家の紋章』、『デスノート THE MUSICAL』他。【TV】『ニーチェ先生』、『釣りバカ日誌 Season2~新米社員 浜崎伝助~』他。18年は『ブロードウェイと銃弾』、『ヘンリー五世』などの出演を控えている。

    城田優

    2003年ミュージカル『美少女戦士セーラームーン』で俳優デビュー。2005年『テニスの王子様』を経て、『スイニートッド』『ロミオ&ジュリエット』『ファントム』など数々のミュージカルに出演。2010年『エリザベート』では史上最年少でトート役を演じ、第65回文化庁芸術祭「演劇部門」新人賞受賞を受賞のほか、第6回岩谷時子賞奨励賞、第23回読売演劇大賞優秀男優賞、今年2018年には第43回菊田一夫演劇賞を受賞。2016年ミュージカル『アップル・ツリー』で初の演出や、2017年『4Stars 2017』出演と幅広く活動。『ROOKIES』『SPEC』『純と愛』『トットちゃん!』などのTVドラマや『荒川アンダー ザ ブリッジ』『明烏』『亜人』などの映画にも多数出演。2018年10月24日にニュー・アルバム「a singer」を発売。2019年6月ミュージカル『PIPPIN』日本版に出演する。

    瀬奈じゅん

    3歳からクラシッバレエを始め、高校1年の時宝塚歌劇団への入団を決意。1992年『この恋は雲の涯まで』で初舞台をふむ。2005年『JAZZYな妖精たち/REVUE OF DREAMS』で月組トップスターとなる。宝塚版『エリザベート』で、ルキーニ、エリザベート、トート、と他では考えられない3役を制覇するなど、様々な色を持つトップスターとして絶大な人気を集める。2009年12月、『ラストプレイ/Heat on Beat!』で宝塚歌劇団を退団。
    2010年、女優として臨んだ『エリザベート』そして『アンナ・カレーニナ』で、瀬奈じゅんならではのタイトルロールを魅せる一方、コンサート『ALive』('10年)、『ALive 2』('11年)ではエンターティナーとしてのきらめきを存分に発揮。2012年には菊田一夫演劇賞演劇賞、岩谷時子賞奨励賞をW受賞。2018年2月ミュージカル『FUN HOME ファン・ホーム ある家族の悲喜劇』主演アリソン役出演。

    昆夏美

    洗足学園音楽大学在学中の2011年に小池修一郎演出、初演版ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』のヒロイン・ジュリエット役でプロデビュー。その後も、『ハムレット』のヒロイン・オフィーリア、『レ・ミゼラブル』のエポニーヌ、『ミス・サイゴン』のキムなど、多くの女優が憧れる大役を次々と射止める。またアーティストとしても多数のCDをリリース。ディズニー映画『美女と野獣』プレミアム吹替版ではヒロイン・ベル役を演じる。ミュージカル界の枠を超えた新世代の歌姫。

    相葉裕樹

    スーパー戦隊シリーズ「侍戦隊シンケンジャー」シンケンブルー(池波流ノ介役)で一気に知名度とファン層を広げる。
    映像、舞台出演の他、声優、吹替え等活動の場を広げ、アニメ「銀河機攻隊マジェスティックプリンス」では主人公ヒタチ・イズルの声を務めた。
    近年の出演作品に、「レ・ミゼラブル」、「スカーレット・ピンパーネル」、「グレイト・ギャツビー」、「ラ・カージュ・オ・フォール」、映画「闇金ウシジマくんPart2」、「ローグ・ワン/STAR WARS STORY」(声の出演)他多数。
    2018年5月~「ウーマン・オブ・ザ・イヤー」、「タイタニック」の出演が控えている。

    【コメディドラマ】

    出演

    • 出演
      井上芳雄
    • ゲスト出演
      中川晃教
    • ゲスト出演
      浦井健治
    • ゲスト出演
      城田優
    • ゲスト出演
      瀬奈じゅん
    • ゲスト出演
      昆夏美
    • ゲスト出演
      相葉裕樹

    スタッフ

    • 脚本・監督
      福田雄一

    【トークコーナー】

    出演

    • 出演
      井上芳雄
    • 出演
      福田雄一
    • ゲスト出演
      愛原実花
    • ゲスト出演
      相葉裕樹
    • ゲスト出演
      柿澤勇人
    • ゲスト出演
      川久保拓司
    • ゲスト出演
      城田優
    • ゲスト出演
      濱田めぐみ
    • ゲスト出演
      平方元基
    • トークコーナー司会
      福田雄一

    【歌】

    楽曲情報

    • 私が踊る時/井上×瀬奈
    • Who Loves You/中川×中河内×海宝×福井
    • December'63(Oh What A Night)/中川×中河内×海宝×福井

    出演

    • 出演
      井上芳雄
    • ゲスト出演
      中川晃教
    • ゲスト出演
      瀬奈じゅん
    • ゲスト出演
      中河内雅貴
    • ゲスト出演
      海宝直人
    • ゲスト出演
      福井晶一
閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの