映画
愛して飲んで歌って

愛して飲んで歌って
現在、放送予定はありません。

第64回ベルリン国際映画祭で銀熊賞(アルフレッド・バウアー賞)を受賞。2014年、91歳で逝去したフランスの巨匠、A・レネ監督の遺作となった軽妙洒脱な群像喜劇。

「夜と霧」、「二十四時間の情事」など、数々の傑作を生み出したフランスの巨匠レネ監督が、お気に入りの英国の人気劇作家A・エイクボーンの戯曲の映画化にみたび挑戦。劇中には不在の余命わずかの友人のために一肌脱ごうと、3組の夫婦がおかしな珍騒動を繰り広げるさまを、軽妙洒脱なタッチで描写。第64回ベルリン国際映画祭では、通例革新的な若手監督に贈られる銀熊賞(アルフレッド・バウアー賞)に輝き、彼独自の映画人生の有終の美を飾ることになった。同監督の愛妻S・アゼマらによる愉快な競演も見もの。

My番組登録者数
  • 0
愛して飲んで歌って

第64回ベルリン国際映画祭で銀熊賞(アルフレッド・バウアー賞)を受賞。2014年、91歳で逝去したフランスの巨匠、A・レネ監督の遺作となった軽妙洒脱な群像喜劇。

英国のヨークシャー郊外に暮らす、カリスマ的人気を誇る教師のジョルジュと、彼とはお互いに因縁浅からぬ関係にある3組の夫婦。ある日、医者のコリンがおしゃべりな妻のカトリーヌにうっかり話を漏らしてしまったため、ジョルジュががんで余命いくばくもないという内密の件が、瞬く間に皆に知れ渡ってしまう。かくして、ジョルジュの昔の恋人のカトリーヌや前妻のモニカらを中心に、彼らはとんだ珍騒動を繰り広げることとなり…。

作品データ

  • 原題/Aimer, boire et chanter
  • 制作年/2014
  • 制作国/フランス
  • 内容時間(字幕版)/108分
  • ジャンル/ドラマ

受賞歴

  • 第64回(2014)ベルリン国際映画祭銀熊賞(アルフレード・バウアー賞)
  • 第64回(2014)ベルリン国際映画祭FIPRESCI賞

出演

役名 役者名
カトリーヌ サビーヌ・アゼマ
コリン イポリット・ジラルド
タマラ カロリーヌ・シオル
シメオン アンドレ・デュソリエ
モニカ サンドリーヌ・キベルラン

スタッフ

  • 監督
    アラン・レネ
  • 製作
    ジャン=ルイ・リヴィ
  • 脚本
    ロラン・エルビエ
  • 脚本
    アラン・レネ
  • 台詞
    ジャン=マリー・ベッセ
  • 撮影
    ドミニク・ビューレル
  • 音楽
    マーク・スノー

ユーザーレビュー

投稿されているレビューはありません。

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの