映画
ディバイナー 戦禍に光を求めて

ディバイナー 戦禍に光を求めて
現在、放送予定はありません。

「グラディエーター」「レ・ミゼラブル」の人気俳優R・クロウが主演も兼ねて待望の初監督に挑み、2014年度のオーストラリア・アカデミー作品賞などに輝いた感動大作。

ニュージーランドに生まれ、幼少時からオーストラリアで育ったクロウが、両国も参加した第1次世界大戦中のトルコ・ガリポリの戦いと、その戦争の傷痕を描いた本作の脚本に巡り合って、自分にはこの物語を伝える義務があると、念願の初監督に挑むことを決意。戦争によって引き裂かれた親子の気になる再会劇の行方を、恋愛や冒険劇の要素も交えながら雄大なスケールで波瀾万丈に描き、見応えのある感動作に仕立て上げた。共演は、「007/慰めの報酬」のO・キュリレンコと「ディスクローザー」のJ・コートニー。

My番組登録者数
  • 0
ディバイナー 戦禍に光を求めて

「グラディエーター」「レ・ミゼラブル」の人気俳優R・クロウが主演も兼ねて待望の初監督に挑み、2014年度のオーストラリア・アカデミー作品賞などに輝いた感動大作。

第1次世界大戦中、かつての宗主国たるイギリス軍を支援するため、オーストラリアからも多くの志願兵たちがヨーロッパや中東に出征。激戦地となったトルコ・ガリポリの戦いでは、相当数の死傷者を出すことに。戦後の1919年になっても、3人の愛する息子たちが戦場から戻らず、悲嘆にくれる妻が悲劇の自殺を遂げた後、オーストラリア人のコナーは、自らの手で息子たちの消息を突き止めるべく、単身トルコを訪れるのだが…。

作品データ

  • 原題/The Water Diviner
  • 制作年/2014
  • 制作国/オーストラリア/アメリカ/トルコ
  • 内容時間(字幕版)/112分
  • ジャンル/ドラマ・歴史劇/時代劇/西部劇

出演

役名 役者名
ジョシュア・コナー ラッセル・クロウ
アイシェ オルガ・キュリレンコ
シリル・ヒューズ中佐 ジェイ・コートニー
ハーサン少佐 イルマズ・アルドアン
ジェマル軍曹 チェム・イルマズ

スタッフ

  • 監督
    ラッセル・クロウ
  • 製作
    アンドリュー・メイソン
  • 製作
    キース・ロジャー
  • 製作
    トロイ・ラム
  • 脚本
    アンドリュー・ナイト
  • 脚本
    アンドリュー・スナスタシオス
  • 撮影
    アンドリュー・レスニー
  • 音楽
    デヴィッド・ハーシュフェルダー

ユーザーレビュー

現在、1件のレビューが登録されています。

  • 横暴極まりないな

    • ★★★☆☆
    • herocomeon
    • 2016/12/13 15:47

     …第一次世界大戦時にオーストラリアがトルコに侵攻したという事実がどうにも自分的には解かり難かった。
     で、原題の『The Water Diviner(水脈発掘
    続きを読む

ログインしてレビューを投稿する

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの