{"prg_cd":"111549"}
{"prg_cd":"113874"}
{"prg_cd":"107212"}
{"prg_cd":"110586"}
{"prg_cd":"112134"}
{"prg_cd":"110293"}
{"prg_cd":"112422"}
{"prg_cd":"112630"}
{"prg_cd":"111374"}
{"prg_cd":"114171"}
{"prg_cd":"111291"}
{"prg_cd":"106523"}
{"prg_cd":"075316"}
{"prg_cd":"112267"}
{"prg_cd":"110631"}
{"prg_cd":"114574"}
{"prg_cd":"113377"}
{"prg_cd":"113371"}
{"prg_cd":"114500"}
{"prg_cd":"113878"}
{"prg_cd":"113747"}
{"prg_cd":"114214"}
{"prg_cd":"113914"}
{"prg_cd":"114823"}
{"prg_cd":"114044"}

ステージ
メトロポリタン・オペラ

メトロポリタン・オペラ

ワーグナー《タンホイザー》

2/25(月)午前9:30

ビゼー《真珠採り》 新演出

3/8(金)午後0:00

世界最高峰メトロポリタン歌劇場からのオペラ中継。最先端の演出と超一流の歌手による超絶技巧のコラボレーション。幕間には歌い終わったばかりの歌手のインタビューも。

ニューヨークにある世界最大級のオペラハウス「メトロポリタン歌劇場」。1883年に創設されて以来、最高水準のオペラを上演し続けるこの舞台は、世界トップ歌手たちの夢 続きを読む ※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 285
  • メトロポリタン・オペラ

    ワーグナー《タンホイザー》

    2/25(月)午前9:30 2/25(月)午前9:30
  • メトロポリタン・オペラ

    ビゼー《真珠採り》 新演出

    3/8(金)午後0:00 3/8(金)午後0:00
  • メトロポリタン・オペラ

    メトロポリタン・オペラ R・シュトラウス《エレクトラ》新演出

    3/25(月)午後0:00 3/25(月)午後0:00
    メトロポリタン・オペラ

    父王を母とその愛人に殺された姉弟の壮絶な復讐劇。シュトラウス作曲によるギリシャ悲劇の傑作オペラを、本作が遺作となったパトリス・シェローによる新演出で描く。

    映画『2001年宇宙の旅』のメインタイトルで使用された「ツァラトゥストラはかく語りき」などで知られるリヒャルト・シュトラウス。彼の代表作である《ばらの騎士》などの優雅で叙情的な作風とは一線を画す“最も恐るべきオペラ”と呼ばれているのが《エレクトラ》。およそ100人編成のオーケストラによる壮大な演奏に負けない強い声の歌手が求められ、めったに上演されることのない傑作をついにMETが新演出で上演した。新演出を手掛けたのはこの作品が遺作となった、映画監督としても著名なパトリス・シェロー。
    父王の復讐のために母とその愛人を殺害しようとする、激烈な女性主人公エレクトラを演じるのは、現代最高のドラマティック・ソプラノ、ニーナ・ステンメ。王女としての気品を秘めた女性をみごとに演じ切り大絶賛された。カリスマ指揮者エサ=ペッカ・サロネンのもと名だたる歌手陣が集結したクラシックファン待望の公演。

    収録日・収録場所

    • 2016年4月30日/アメリカ・ニューヨーク州ニューヨーク メトロポリタン歌劇場

    出演

    役名 役者名 役割
    エサ=ペッカ・サロネン 指揮
    エレクトラ ニーナ・ステンメ 出演
    クリソテミス エイドリアン・ピエチョンカ 出演
    クリテムネストラ ヴァルトラウト・マイヤー 出演
    オレスト エリック・オーウェンズ 出演

    スタッフ

    • 演出
      パトリス・シェロー
閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの