{"prg_cd":"113874"}
{"prg_cd":"101564"}
{"prg_cd":"111549"}
{"prg_cd":"114908"}
{"prg_cd":"114942"}
{"prg_cd":"114501"}
{"prg_cd":"113891"}
{"prg_cd":"114863"}
{"prg_cd":"114915"}
{"prg_cd":"114873"}
{"prg_cd":"114707"}
{"prg_cd":"114916"}
{"prg_cd":"114924"}
{"prg_cd":"113756"}
{"prg_cd":"113946"}
{"prg_cd":"113125"}
{"prg_cd":"114646"}
{"prg_cd":"114708"}
{"prg_cd":"110586"}
{"prg_cd":"114907"}
{"prg_cd":"113641"}
{"prg_cd":"114950"}
{"prg_cd":"114687"}
{"prg_cd":"104660"}
{"prg_cd":"115085"}

ステージ
メトロポリタン・オペラ

メトロポリタン・オペラ
現在、放送予定はありません。

世界最高峰メトロポリタン歌劇場からのオペラ中継。最先端の演出と超一流の歌手による超絶技巧のコラボレーション。幕間には歌い終わったばかりの歌手のインタビューも。

ニューヨークにある世界最大級のオペラハウス「メトロポリタン歌劇場」。1883年に創設されて以来、最高水準のオペラを上演し続けるこの舞台は、世界トップ歌手たちの夢 続きを読む

My番組登録者数
  • 0

現在、放送予定はありません。

  • 世界のディーバ ネトレプコ熱唱 メトロポリタン・オペラ 《イル・トロヴァトーレ》

  • プッチーニ《トゥーランドット》

  • プッチーニ《蝶々夫人》

  • プッチーニ《マノン・レスコー》 新演出

  • メトロポリタン・オペラ ヴェルディ《オテロ》 新演出

    ヴェルディ晩年の傑作が、巨匠バートレット・シャーの新演出で登場。ガラスの壮大な宮殿にオテロの心の崩壊を投影させるなど、スリリングな演出が施されている。

    2015-16シーズンの現地幕開けを飾った、ヴェルディ晩年の傑作が新演出で登場。演出は「南太平洋」で第62回トニー賞ミュージカル演出賞を受賞し、渡辺謙主演のミュージカル「王様と私」の演出も手掛けたバートレット・シャーが担当。ガラスの壮大な宮殿にオテロの心の崩壊を投影させるなど、スリリングな新演出を施している。
    シェイクスピアの悲劇「オセロ」を原作に、ムーア人の勇猛な将軍が内面のもろさに翻弄されて自滅するさまを描いた本作。強靭な声やスタミナ、深い表現力が必要とされるオテロ役だが、21世紀のオテロ歌いアレクサンドルス・アントネンコがみごとに演じ切った。ほか、新星ソプラノ、ソニア・ヨンチェヴァが出演し、2016年6月にMET次期音楽監督に任命されたヤニック・ネゼ=セガンがタクトを振るなど、フレッシュな才能が集結した。

    収録日・収録場所

    • 2015年10月17日/アメリカ・ニューヨーク州ニューヨーク メトロポリタン歌劇場

    出演

    役名 役者名 役割
    ヤニック・ネゼ=セガン 指揮
    オテロ アレクサンドルス・アントネンコ 出演
    デズデーモナ ソニア・ヨンチェヴァ 出演
    イアーゴ ジェリコ・ルチッチ 出演
    カッシオ ディミトリー・ピタス 出演

    スタッフ

    • 演出
      バートレット・シャー
  • ワーグナー《タンホイザー》

  • ベルク《ルル》 新演出

  • ビゼー《真珠採り》 新演出

  • ドニゼッティ《ロベルト・デヴェリュー》 MET初演 新演出

  • R・シュトラウス《エレクトラ》新演出

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの