映画
セッション

セッション

3/11(月)午前1:15

3/12(火)午後7:00

プロのドラマーを目指す若き主人公は、まるで悪魔のような鬼教師と出会う。第87回アカデミー賞で助演男優賞など3部門を受賞。監督は「ラ・ラ・ランド」のD・チャゼル。

下敷きになったのはチャゼル監督自身の体験。監督は高校時代に所属したジャズバンドで本作のような鬼教師と出会い、心底怖かったという。そんな体験に基づく短編映画を手始めに、チャゼル監督はこの長編版で、鬼教師フレッチャー役に実力派のJ・K・シモンズ、主人公アンドリュー役に若手男優M・テラーを迎え、かつて類を見ないほど熱く、高いテンションのドラマに仕立てた。アンドリューのドラム演奏場面は文句なしの迫力だ。第87回アカデミー賞では、鬼教師役シモンズに対する助演男優賞など計3部門に輝いた。

セッション

プロのドラマーを目指す若き主人公は、まるで悪魔のような鬼教師と出会う。第87回アカデミー賞で助演男優賞など3部門を受賞。監督は「ラ・ラ・ランド」のD・チャゼル。

ニューヨーク。一流音楽学校に通い、伝説の名手バディ・リッチのようなプロドラマーになろうと目指す19歳の青年アンドリュー。彼は同校で最高の指揮者とされるフレッチャーが担任のクラスで学ぶことに。だがフレッチャーは学生に対してあまりに厳しく、アンドリューは初日からフレッチャーにこき下ろされ、大きく打ちのめされる。その後もアンドリューはフレッチャーのスパルタ式指導のもと、心身ともにすり減らしていくが……。

作品データ

  • 原題/Whiplash
  • 制作年/2014
  • 制作国/アメリカ
  • 内容時間(字幕版)/107分
  • 内容時間(字幕版)/107分
  • 内容時間(吹替版)/107分
  • ジャンル/ドラマ

受賞歴

  • 第87回(2014)アカデミー賞助演男優賞「J・K・シモンズ」
  • 第87回(2014)アカデミー賞録音賞
  • 第87回(2014)アカデミー賞編集賞

出演

役名 役者名
アンドリュー・ニーマン マイルズ・テラー
テレンス・フレッチャー J・K・シモンズ
ジム・ニーマン ポール・ライザー
ニコル メリッサ・ブノワ
ライアン・コノリー オースティン・ストウェル

スタッフ

  • 監督
    デイミアン・チャゼル
  • 製作総指揮
    ジェイソン・ライトマンほか
  • 製作
    デヴィッド・ランカスター
  • 製作
    ジェイソン・ブラム
  • 製作
    ヘレン・エスタブルックほか
  • 脚本
    デイミアン・チャゼル
  • 撮影
    シャロン・メール
  • 音楽
    ジャスティン・ハーウィッツ
  • 編集
    トム・クロス

関連特集

放送と配信で観る!アカデミー賞特集2024

授賞式日本独占生中継を記念する名作の特集

若きオスカー監督 デイミアン・チャゼル特集

4Kシアター

週末はWOWOWで4K映画を。

ユーザーレビュー

現在、9件のレビューが登録されています。

  • 真意はどこに?

    • ★★★★☆
    • オチセブン
    • 2019/02/11 15:46

    6:00に教室に呼び出し教官が居なかった理由をどなたか解説をお願いします。

  • 疲れた!

    • ★★★☆☆
    • lunalovegood
    • 2016/04/24 14:37

    音楽を指導する人には、教師の資質を備えた人と、根っからの芸術家肌の人との二種のタイプがあって、どちらの指導者が合っているかは、目指すところや生徒のタイプによって 続きを読む

  • ネタバレ復讐されたら倍返し…

    • ★★★★★
    • hero come on
    • 2016/03/04 14:46

    このレビューはネタばれのため本文を表示していません。 本文を見る

  • ネタバレIt’s Only Rock’n Roll (But I Like It)

    • ★★★☆☆
    • newmorning
    • 2016/02/29 03:15

    このレビューはネタばれのため本文を表示していません。 本文を見る

  • 思わず「ファッキン!」使用回数を数えました

    • ★★★★★
    • 1ミリフィルム
    • 2016/02/28 00:58

    音楽関連の映画は数多く作られていますが、ドラムスに焦点を当てたものは少ないと思います。しかし、激しい感情をストレートに表現するためには最高の楽器ではないでしょう 続きを読む

  • なんかすっきりしない

    • ★★★★★
    • Man3
    • 2016/02/24 12:54

    私もブラバンでドラムを演奏する都合上しっかり見せてもらいました。
    これほど厳しく指導されたらドラムが嫌いになってしまったかも?
    只、最後まで教官の心の真意が
    続きを読む

  • ラストが最高

    • ★★★★★
    • おやこどん
    • 2016/02/22 22:35

    主人公のアンドリューがフレッチャー先生にしごかれて、心身ともにすりへってどうなるのかはらはらしながら見ていました。最後の演奏のシーンでフレッチャー先生にだまされ 続きを読む

  • ハード

    • ★★★★☆
    • rutanderin
    • 2016/02/22 11:04

    フレッチャーの指導の仕方は向上心を持たし教え子を追い込んでその反動をエネルギーにして才能を開花させる古典的なやり方なのであまり好かれる恩師でも無く嫌われやすい。 続きを読む

  • 原題にこそ映画の本質が現れている

    • ★★★★☆
    • タカシータ
    • 2016/02/08 01:05

    原題である『Whiplash』とは,劇中にて使用されるジャズの練習曲である他に,「むち打ち症」(ドラム奏者には多い症状)という意味と,ムチで打つ,痛めつけるとい 続きを読む

もっと見る

ログインしてレビューを投稿する

関連特集

放送と配信で観る!アカデミー賞特集2024

授賞式日本独占生中継を記念する名作の特集

若きオスカー監督 デイミアン・チャゼル特集

4Kシアター

週末はWOWOWで4K映画を。

閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの