映画
おおかみこどもの雨と雪

おおかみこどもの雨と雪

1/2(木)午前6:00

1/10(金)午前7:45

「未来のミライ」の細田守監督が、人間とおおかみの2つの顔を持つ“おおかみこども”を授かった女性の13年にわたる親子の物語を描くオリジナル長編アニメーション映画。

「時をかける少女(2006)」「サマーウォーズ」で、人気監督の地位を確立した細田守監督。本作では、“おおかみおとこ”と恋に落ち、やがて“おおかみこども”の姉弟を授かった人間の女性をヒロインに据え、独自の物語世界を構築。最愛の男性の急死により、女手一つで育児をすることになった彼女が、人里離れた山奥の古民家で2人の“おおかみこども”の成長を見守る様子を、繊細なタッチで感動的に綴った。声の出演は、宮崎あおい、大沢たかお、黒木華、菅原文太など。

My番組登録者数
  • 271
おおかみこどもの雨と雪

「未来のミライ」の細田守監督が、人間とおおかみの2つの顔を持つ“おおかみこども”を授かった女性の13年にわたる親子の物語を描くオリジナル長編アニメーション映画。

おおかみの血を引く“おおかみおとこ”の彼と出会い、恋に落ちた大学生の花。やがてともに暮らし始めた2人の間には、人間とおおかみの2つの顔を持つ“おおかみこども”の姉弟、“雪”と“雨”が誕生する。しかし4人のつつましくも幸せな日々は、彼の死によって突然奪われてしまう。残された花は、子どもたちをしっかり育てると心に誓い、都会の片隅から人里離れた山奥の古民家に移り住むことを決意する。

作品データ

  • 制作年/2012
  • 制作国/日本
  • 内容時間/118分
  • ジャンル/アニメーション

出演

役名 役者名
宮崎あおい
彼(おおかみおとこ) 大沢たかお
雪(少女期) 黒木華
雨(少年期) 西井幸人
韮崎 菅原文太

スタッフ

  • 監督・脚本・原作
    細田守
  • 脚本
    奥寺佐渡子
  • キャラクターデザイン
    貞本義行
  • 音楽
    高木正勝
  • 作画監督
    山下高明
  • 美術監督
    大野広司
  • CGディレクター
    堀部亮
  • 色彩設計
    三笠修
  • 企画・制作
    スタジオ地図

関連特集

新春メガヒットスペシャル

お正月は映画の話題作を楽しもう

ユーザーレビュー

現在、4件のレビューが登録されています。

  • 下のネタバレレビューは削除すべきです。

    • ★☆☆☆☆
    • クロエ4477
    • 2015/09/20 21:37

    ↓のヨネノ輔のレビューは他人の批判レビューです。即刻削除願います。

  • ネタバレ男性目線かな

    • ★★★★☆
    • ヨネノ輔
    • 2015/09/13 22:27

    このレビューはネタばれのため本文を表示していません。 本文を見る

  • そこそこ

    • ★★★★☆
    • 燕見鬼
    • 2015/08/04 15:52

    地上波はほとんど観ないので、今回初めてこの映画を観ました。 想像していたよりもよくできていて、すんなりとお話に入って行けました。 見どころみたいなのは特にありま 続きを読む

  • クソ映画でした。

    • ★☆☆☆☆
    • クロエ4477
    • 2015/08/02 20:05

    この映画は過去にヒット作を作った監督のマスターベーションだと思います。私に言わせれば、主人公の母親は一昔流行った「ビッグダディ」と美奈子みたいなもので、無計画に 続きを読む

もっと見る

ログインしてレビューを投稿する

関連特集

新春メガヒットスペシャル

お正月は映画の話題作を楽しもう

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの