{"prg_cd":"113883"}
{"prg_cd":"114950"}
{"prg_cd":"113891"}
{"prg_cd":"114501"}
{"prg_cd":"114908"}
{"prg_cd":"114863"}
{"prg_cd":"114915"}
{"prg_cd":"114942"}
{"prg_cd":"114873"}
{"prg_cd":"114916"}
{"prg_cd":"113994"}
{"prg_cd":"111131"}
{"prg_cd":"114326"}
{"prg_cd":"113125"}
{"prg_cd":"111582"}
{"prg_cd":"114687"}
{"prg_cd":"114146"}
{"prg_cd":"114707"}
{"prg_cd":"114924"}
{"prg_cd":"114629"}
{"prg_cd":"113758"}
{"prg_cd":"114653"}
{"prg_cd":"114874"}
{"prg_cd":"112215"}
{"prg_cd":"114646"}

ドキュメンタリー
ノンフィクションW 早乙女太一 旅立ちのラストショー ~大衆演劇「劇団朱雀」最後の30日~

ノンフィクションW 早乙女太一 旅立ちのラストショー
現在、放送予定はありません。

“百年にひとりの女形”と称される俳優・早乙女太一。新たな一歩を踏み出すため、原点である大衆演劇「劇団朱雀」の解散を決めた。家族ともいえる劇団の解散までの物語。

妖艶な容姿と天才的な舞踏により、“百年にひとりの女形”と称される早乙女太一。大衆演劇界で絶大な人気を誇る一方、今では映画やドラマ、商業演劇からもオファーが絶えない人気俳優だ。そんな彼のホームグラウンドである大衆演劇「劇団朱雀」が、2015年2月末をもって解散した。
大衆演劇に生きる両親のもとに生まれ、生活のために演じ続けてきた女形。嫌気が差したことは一度や二度ではないものの、次第に「女形という表現を世界に発信したい」という夢を抱くようになったのが、早乙女太一が解散を決めた理由だ。そのためにあえて原点を断ち切り、たったひとりで新たな舞台へと旅立つ。しかし強い絆で結ばれている劇団の解散は、簡単に割り切れるものではない…。
番組では「劇団朱雀」解散公演の日々を、千秋楽まで密着。大衆演劇に寄せる早乙女太一の想いを切り取るとともに、家族ともいえる劇団が解散までを過ごす、30日間を追う。

My番組登録者数
  • 0
ノンフィクションW 早乙女太一 旅立ちのラストショー

“百年にひとりの女形”と称される俳優・早乙女太一。新たな一歩を踏み出すため、原点である大衆演劇「劇団朱雀」の解散を決めた。家族ともいえる劇団の解散までの物語。

旅役者として全国を回り時代劇や舞踊ショーを披露する大衆演劇。早乙女太一もまた、そんな世界で生きてきたひとりだ。映画やドラマで活躍する傍ら、父親が立ち上げた「劇団朱雀」の看板役者として舞台に立ち続けてきた。
そんな太一が2015年2月末での「劇団朱雀」の解散を決めた。外の世界での仕事が増えるにつれ、新たな舞台での挑戦を望むようになったためだ。そしてその先に見据える、大きな夢。しかしそれは家族ともいえる劇団員たちとの別れをも意味する。
2月、岐阜で始まった解散公演。大衆演劇では毎日のように演目が目まぐるしく変わる。客席の様子を見て、何十ものレパートリーから当日の舞踊を決め、芝居も前日に決めた演目を台本なしで確認して挑む。
連日の舞台と深夜まで及ぶ稽古の日々。解散の実感もわかないまま走り続けたが、いよいよ千秋楽が迫る。長年苦楽をともにしてきた劇団員と、複雑な父との関係。最後の瞬間、旅立つ太一は何を想うのか?
閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの