映画
エージェント:ライアン

エージェント:ライアン
現在、放送予定はありません。

現場経験のないアナリストからエージェントになった青年ライアン。彼はアメリカを危機から救えるのか。C・パインが新生ジャック・ライアンを演じるサスペンスアクション。

これまでにアレック・ボールドウィン、ハリソン・フォード、ベン・アフレックが演じてきたT・クランシー原作の映画版“ジャック・ライアン”シリーズをリブート(再起動)。若々しく躍動的な新ライアンを演じるパインを父親のように見守る上司役のK・コスナーが渋みを増した演技を見せ、監督も兼任するK・ブラナーがロシア語なまりの英語を駆使して堂々と悪役を演じる。ブラナー作品ではおなじみのP・ドイルの音楽が鳴り響く中、ライアンとチェレヴィンの駆け引きが進行するクライマックスは、手に汗握る迫力だ。

エージェント:ライアン

現場経験のないアナリストからエージェントになった青年ライアン。彼はアメリカを危機から救えるのか。C・パインが新生ジャック・ライアンを演じるサスペンスアクション。

海兵隊員としてアフガニスタンの戦場に赴き、仲間を助けた際に重傷を負ったジャックは、リハビリの日々を支えてくれた医学生のキャシーと恋に落ちる。彼女との愛を育む一方で、彼はひそかにCIAにスカウトされ、不審な経済活動を監視するアナリストとして活躍する。ある日、ジャックはモスクワの投資会社、チェレヴィン・グループの不穏な動きに気付き、上司のハーパーはデスクワーク専門だった彼をモスクワに送り込むが……。

作品データ

  • 原題/Jack Ryan: Shadow Recruit
  • 制作年/2014
  • 制作国/アメリカ
  • 内容時間(字幕版)/106分
  • 内容時間(字幕版)/106分
  • 内容時間(吹替版)/106分
  • ジャンル/アクション/冒険・サスペンス/ミステリー

出演

役名 役者名
ジャック・ライアン クリス・パイン 阪口周平
ハーパー ケヴィン・コスナー 中村秀利
チェレヴィン ケネス・ブラナー 高瀬右光
キャシー・ミューラー キーラ・ナイトレイ 渋谷はるか
ロブ・ベリンジャー コルム・フィオーレ 仲野裕

スタッフ

  • 監督
    ケネス・ブラナー
  • 製作
    ロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラ
  • 製作
    メイス・ニューフェルドほか
  • 脚本
    アダム・コザッド
  • 脚本
    デヴィッド・コープ
  • 撮影
    ハリス・ザンバーラウコス
  • 音楽
    パトリック・ドイル

関連特集

4Kシアター

週末はWOWOWで4K映画を。

ユーザーレビュー

現在、3件のレビューが登録されています。

  • 犬と散歩するケヴィン・コスナー

    • ★★★☆☆
    • hero come on
    • 2015/03/02 15:51

    …あらすじは、解説のとおり。
      ジャック・ライアン(クリス・パイン)はロンドンの大学の経済学の学生だったが、そんなある日、アメリカでの同時多発テロが勃発し、
    続きを読む

  • ライトな味わい

    • ★★★☆☆
    • newmorning
    • 2015/02/28 18:35

    ライトノベルならぬ、ライトスパイ映画って感じでした。ロシア企業と諜報戦する訳でもないし、対立する国家間の緊張を味わえるわけでもない。でもライトなので子供から大人 続きを読む

  • あれ?結婚前の彼女にバラして良いの?

    • ★★☆☆☆
    • さすらいダイバー
    • 2015/02/21 22:15

    「ジャックライアンシリーズ」の最初にあたる作品、かな?
    「レッドオクトーバーを追え」「パトリオットゲーム」「今そこにある危機」に比べるとかなり劣るし、内容もお
    続きを読む

ログインしてレビューを投稿する

関連特集

4Kシアター

週末はWOWOWで4K映画を。

閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの