映画
ロボコップ(2014)

ロボコップ(2014)
現在、放送予定はありません。

1980年代の伝説的ヒット作を、最新映像で描き直したSFアクション。事故で体の大部分を失った警官が、サイボーグ技術で“ロボコップ”として復活、巨悪に立ち向かう。

ポール・ヴァーホーヴェン監督の大ヒット作「ロボコップ」を、コンセプトはそのままにリブート映画化。「エリート・スクワッド」でベルリン国際映画祭金熊賞を受賞したブラジルの新鋭、J・パジーリャが監督に抜擢された。ロボコップの造形はスタイリッシュになり、展開も旧作とは異なるが、持ち味だったシニカルなユーモアは健在。その一翼を担う狂言回し的なジャーナリスト役をS・L・ジャクソンが好演する。ベイジル・ポールドゥリスの有名なテーマ曲が流れるサービスには、旧作ファンがニヤリとすることだろう。

My番組登録者数
  • 0
ロボコップ(2014)

1980年代の伝説的ヒット作を、最新映像で描き直したSFアクション。事故で体の大部分を失った警官が、サイボーグ技術で“ロボコップ”として復活、巨悪に立ち向かう。

2028年、世界各地の軍備はロボット化が進む一方、アメリカでは法律によってロボットの配備は禁止されていた。犯罪都市デトロイトで家族と暮らす警官のマーフィは、犯罪組織を捜査中、不可解な爆発事故で体の大部分を失ってしまう。オムニコープ社のCEO、セラーズはある計画を実行するため、最小限の肉体となったマーフィにノートン博士が手掛ける最先端ロボット技術を提供。マーフィはロボコップとしてよみがえる。

作品データ

  • 原題/Robocop
  • 制作年/2014
  • 制作国/アメリカ
  • 内容時間(字幕版)/118分
  • 内容時間(吹替版)/118分
  • ジャンル/アクション/冒険・SF/ファンタジー

出演

役名 役者名
ロボコップ/マーフィ ジョエル・キナマン
デネット・ノートン博士 ゲーリー・オールドマン
レイモンド・セラーズ マイケル・キートン
クララ・マーフィ アビー・コーニッシュ
リック・マトックス ジャッキー・アール・ヘイリー
パット・ノヴァク サミュエル・L・ジャクソン

スタッフ

  • 監督
    ジョゼ・パジーリャ
  • 製作
    マーク・エイブラハム
  • 製作
    エリック・ニューマン
  • 脚本
    ジョシュア・ゼトゥマー
  • 撮影
    ルラ・カルヴァーリョ
  • 音楽
    ペドロ・ブロンフマン

関連特集

昼下がりのシネ窓

ユーザーレビュー

現在、3件のレビューが登録されています。

  • ロボットの未来

    • ★★★★★
    • やまたのぱぱ
    • 2015/05/09 13:10

    以前のロボコップの単なるリバイバルかと思えば、大きくバージョンアップ。神経系と四肢機能、認識と脳機能といった最新科学知識をもとに、人間とロボット機能の融合の可能 続きを読む

  • コロッケのロボ〇〇

    • ★★★☆☆
    • hero come on
    • 2015/01/08 16:00

    …あらすじは、解説のとおり。
      27年前のオリジナルの『ロボコップ』の登場は、ある意味で社会現象になるほどの強烈なインパクトを放っていたが、今振り返ってみて
    続きを読む

  • 身体の大部分を失ったのは「事故」ではないですケド?

    • ★★★★☆
    • さすらいダイバー
    • 2014/12/15 19:48

    1987年作品と同じ内容ですが、「切り口」が違うとこういうストーリーになるのか、という点でおもしろい作品。’87版ではほとんど出てこなかった、マーフィーの奥さん 続きを読む

ログインしてレビューを投稿する

関連特集

昼下がりのシネ窓

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの