メニュー

映画
つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語

つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語

7/4(月)午前1:35

7/25(月)午前0:00

阿部寛らの共演で直木賞作家・井上荒野による小説を映画化。死の床につく女性を軸に彼女を見守る夫、彼女と関わった過去の男性と周囲の女性たちが織り成す愛憎劇を綴った。

「切羽へ」で直木賞を受賞した井上荒野の小説を、「世界の中心で、愛をさけぶ」などの行定勲監督が映画化。死の床にある女性・艶をめぐり、彼女と関わった男性たちとその周囲の人々らが、複雑な愛憎のタペストリーを織り成していく。阿部が10キロもの減量を行ない、愛の狂気にとりつかれる艶の夫役を熱演したほか、小泉今日子、野波麻帆、風吹ジュン、真木よう子、大竹しのぶなど豪華キャストがそろい、見応えある群像劇を展開。

My番組登録者数
  • 494
つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語

阿部寛らの共演で直木賞作家・井上荒野による小説を映画化。死の床につく女性を軸に彼女を見守る夫、彼女と関わった過去の男性と周囲の女性たちが織り成す愛憎劇を綴った。

妻子を捨て、艶という女性と駆け落ちした春二。大島に流れ着き、レストランを営んでいた2人だったが、春二は奔放な艶の不貞に悩まされ続けていた。そんなある日、艶が病に侵され、昏睡状態となる。春二は献身的な看病を続けていたが、危篤に陥った艶を前に、彼女と関わった過去の男たちに艶が死の床にあることを告げようと思い立つ。だが彼の行動は男たちの過去を掘り起こし、それぞれの人生に思わぬ波紋を呼ぶことに……。

作品データ

  • 制作年/2012
  • 制作国/日本
  • 内容時間/139分
  • ジャンル/ドラマ

出演

役名 役者名
松生春二 阿部寛
石田環希 小泉今日子
橋本湊 野波麻帆
橋川サキ子 風吹ジュン
池田百々子 真木よう子
山田麻千子 忽那汐里
山田早千子 大竹しのぶ

スタッフ

  • 監督
    行定勲
  • 製作
    白倉伸一郎
  • 製作
    木下直哉ほか
  • 脚本
    伊藤ちひろ
  • 脚本
    行定勲
  • 撮影
    福本淳
  • 音楽
    coba

ユーザーレビュー

現在、1件のレビューが登録されています。

  • 自分たちもそこで食事をした

    • ★★☆☆☆
    • hero come on
    • 2014/10/17 16:47

    …あらすじは、解説のとおり。
      …つや(艶)という女と関係のあった男に関わる女たちの物語。
      艶は死に至る病に就いていて、その夫の阿部寛が前述の男or女
    続きを読む

ログインしてレビューを投稿する

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの