映画
悪の法則

悪の法則

6/29(火)深夜2:45

ほんの軽い出来心から悪のサイドビジネスに手を染めた有能な弁護士が、その痛烈なしっぺ返しに遭って呆然とするさまを、超豪華な顔ぶれが結集して衝撃的に綴った問題作。

M・ファスベンダー、P・クルス、C・ディアス、J・バルデム、そしてB・ピット。当代きっての人気実力派スターたちがゴージャスに顔をそろえて各自の見せ場を遺憾なく披露するのに加え、「ノーカントリー」「ザ・ロード」の原作者としても知られる人気作家のC・マッカーシーが今回、本作のために初のオリジナル脚本を執筆。悪がめぐりめぐって自らのもとに跳ね返ってくる因果応報のドラマを、R・スコット監督が彼ならではの残酷趣味も盛り込みながら鮮烈なタッチで映像化し、刺激満点の衝撃作に仕上がった。

My番組登録者数
  • 216
悪の法則

ほんの軽い出来心から悪のサイドビジネスに手を染めた有能な弁護士が、その痛烈なしっぺ返しに遭って呆然とするさまを、超豪華な顔ぶれが結集して衝撃的に綴った問題作。

メキシコ国境に近いテキサス州の町で弁護士業を営むカウンセラー。美しい恋人のローラと結婚することを決意した彼は、彼女に贈る高価なダイヤを買うため、裏社会のブローカー、ウェストリーの仲立ちで悪のサイドビジネスに手を染めることに。ところが、メキシコの犯罪組織との麻薬取引に思いがけないトラブルが発生したことから、組織の冷酷非情な悪の包囲網が、刻一刻とウェストリーやカウンセラーたちの身にも迫る。

作品データ

  • 原題/The Counselor
  • 制作年/2013
  • 制作国/アメリカ
  • 内容時間(字幕版)/118分
  • 内容時間(吹替版)/118分
  • ジャンル/サスペンス/ミステリー

出演

役名 役者名
カウンセラー マイケル・ファスベンダー
ローラ ペネロペ・クルス
マルキナ キャメロン・ディアス
ライナー ハビエル・バルデム
ウェストリー ブラッド・ピット

スタッフ

  • 監督
    リドリー・スコット
  • 製作
    リドリー・スコット
  • 製作
    ニック・ウェクスラー
  • 製作
    スティーヴ・シュワルツほか
  • 脚本
    コーマック・マッカーシー
  • 撮影
    ダリウス・ウォルスキー
  • 音楽
    ダニエル・ペンバートン

ユーザーレビュー

現在、10件のレビューが登録されています。

  • ネタバレ誰がボス

    • ★★★★☆
    • pava
    • 2021/05/30 11:53

    このレビューはネタばれのため本文を表示していません。 本文を見る

  • 実際の話

    • ★★★★★
    • えんどぅさん
    • 2014/12/01 16:15

    舞台が外国なだけで、日本にも詐欺事件(清水)、新宿雀荘事件(三浦)、バットマンズ(新宿、六本木)などニュースになっているものだけでもたくさんある。欲が浸食し、コ 続きを読む

  • 緊迫感がない・・・

    • ★☆☆☆☆
    • rutanderin
    • 2014/10/09 16:02

    この映画キャストはいいし監督もリドニー・スコットなので期待してました。観てみるとまず状況が全くわからず曖昧なまま話が進み、主人公の弁護士が追い詰められてもイマイ 続きを読む

  • 映画は、客観性が必要な映画もあるのだ。

    • ★★★★★
    • かまちゃん12号
    • 2014/10/08 12:26

    評価が真っ二つに分かれてしまう映画ですね。「この映画、意味が全然わからない。」と切り捨ててしまうと所詮、つまらん映画で終わってしまいます。何が何だかわからずに1 続きを読む

  • いろんな映画やなんかを

    • ★★★★☆
    • ぽたとまん
    • 2014/09/26 05:48

    いろいろ思い出しました。
    D.リンチのモノみたいに、別の世界があって、たいがい重ならないけど(重なってても気付かないけど)、時々あちらに接触する人がいる…とか、
    続きを読む

  • この映画をみて??な人

    • ★★★★★
    • u10chan
    • 2014/09/25 20:04

    この映画を見て??だった人はカウンセラー=あなただと思います。
    つまり危機感がないのではないかと感じます。
    誰にしも「自分だったら大丈夫」「自分には起こりえ
    続きを読む

  • だからなに?

    • ★★☆☆☆
    • hero come on
    • 2014/09/25 16:54

    …『プロメテウス』では拍子抜けしたが、リドリー・スコット監督作品なので観てみる。
      …あらすじは解説のとおり。
      マイケル・ファスベンダー、ペネロペ・ク
    続きを読む

  • あのキャメロンさんが

    • ★★★★☆
    • ナガマン
    • 2014/09/23 08:20

    この私、最近のわうわうはこの手のドンパチ物をよく見てます。米国のような銃社会だからこそできる映画です。そしてこれも我が国ではそれほど取り上げることのないイエス様 続きを読む

  • 巷の評価は低いようですが…。

    • ★★★★☆
    • minibee
    • 2014/09/21 16:12

    内容は解説通りです。この映画を観て”気分爽快”になった方は多分少ないと思います。この映画の中に救いなんて何も有りません。ここに描かれているのは無駄な物を削ぎ落と 続きを読む

  • 刺激だけで中身は・・・

    • ★☆☆☆☆
    • ロンチャン
    • 2014/09/18 11:43

    これだけの豪華な顔ぶれを使っていながら、何を描きたかったのかサッパリ分からない作品。惜しいというか、勿体無いというか(-_-;)

もっと見る

ログインしてレビューを投稿する

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの