メニュー

映画
スター・トレック イントゥ・ダークネス

スター・トレック イントゥ・ダークネス
現在、放送予定はありません。

2009年に世界的に大ヒットした新映画版「スター・トレック」の続編。宇宙船USSエンタープライズの乗組員たちは、新たな強敵ハリソン(B・カンバーバッチ)と戦う。

伝説的TVドラマから映画版シリーズに続いた“スター・トレック”を、J・J・エイブラムス監督が登場人物たちの若き日々を描いて再発進させ、絶賛を浴びた「スター・トレック[2009年版]」の続編。カーク役C・パインら前作のキャストが同じ役で再結集した上、TV「SHERLOCK/シャーロック」で人気爆発したカンバーバッチがミステリアスな悪役を演じたのが見もの。スケールアップしたアクション、前作で活躍した登場人物それぞれにある見せ場など、続編映画のお手本といっていいレベルの仕上がりだ。

My番組登録者数
  • 0
スター・トレック イントゥ・ダークネス

2009年に世界的に大ヒットした新映画版「スター・トレック」の続編。宇宙船USSエンタープライズの乗組員たちは、新たな強敵ハリソン(B・カンバーバッチ)と戦う。

2259年、USSエンタープライズのカーク船長は、ある任務で重大な規律違反をしてしまい、船長から副官に降格してしまう。そんなある日、ロンドンでテロ事件を起こした犯人ハリソンがサンフランシスコにある宇宙艦隊の本部をも襲撃する事件が。ハリソンが人類と敵対するクリンゴン人が支配する惑星クロノスに逃亡したため、USSエンタープライズは同惑星へ。カークは再び船長になるが乗組員たちと意見が分かれる局面が続く。

作品データ

  • 原題/Star Trek Into Darkness
  • 制作年/2013
  • 制作国/アメリカ
  • 内容時間(字幕版)/133分
  • ジャンル/SF/ファンタジー

出演

役名 役者名
カーク クリス・パイン
ジョン・ハリソン ベネディクト・カンバーバッチ
スポック ザッカリー・クイント
ウフーラ ゾーイ・サルダナ
スールー ジョン・チョー
“スコッティ”・スコット サイモン・ペッグ
“ボーンズ”・マッコイ カール・アーバン
チェコフ アントン・イェルチン

スタッフ

  • 監督
    J・J・エイブラムス
  • 製作
    J・J・エイブラムス
  • 製作
    ブライアン・バーク
  • 製作
    デイモン・リンデロフほか
  • 脚本
    デイモン・リンデロフ
  • 脚本
    ロベルト・オーチー
  • 脚本
    アレックス・カーツマン
  • 撮影
    ダニエル・ミンデル
  • 音楽
    マイケル・ジアッキノ

ユーザーレビュー

現在、2件のレビューが登録されています。

  • 「スターウォーズ」と化した「スタートレック」

    • ★☆☆☆☆
    • クロエ4477
    • 2014/10/16 13:43

    本作がスターウォーズと名乗れば、まだ納得がいきます(半分冗談ですが)。20正規版スタートレック大好き人間の私から見ると、本作にはテーマが見えず、ただCGとドンパ 続きを読む

  • 老舗が代替わりしていて

    • ★★★☆☆
    • hero come on
    • 2014/07/29 16:01

    …あらすじは、解説のとおり。
      冒頭から、J・J・エイブラムスの映像がいちいち恰好良いので、期待度大で観続ける。
      カーク(クリス・パイン)とスポック(
    続きを読む

ログインしてレビューを投稿する

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの