映画
愛、アムール

愛、アムール
現在、放送予定はありません。

着実に老いゆく1組の夫婦の愛の行く末をM・ハネケ監督が厳粛な眼差しで見つめ、前作「白いリボン」に続いて2作連続カンヌ国際映画祭パルムドールの栄誉に輝いた秀作。

常に挑戦的な題材に取り組み、作品を発表するごとに物議を醸しつつも、国際的に高い評価を得てきた鬼才ハネケ監督が、本作では“老老介護”という厳しい現実に直面した1組の老夫婦の愛の行く末を、厳粛な眼差しでじっくりと描写。「男と女」のJ=L・トランティニャンと「二十四時間の情事」のE・リヴァというベテランの名優2人も、難しい役どころを見事に演じ切って、世界各国で称賛を浴び、第65回カンヌ国際映画祭パルムドール、第85回アカデミー外国語映画賞をはじめ、数々の栄えある映画賞に輝いた。

My番組登録者数
  • 0
愛、アムール

着実に老いゆく1組の夫婦の愛の行く末をM・ハネケ監督が厳粛な眼差しで見つめ、前作「白いリボン」に続いて2作連続カンヌ国際映画祭パルムドールの栄誉に輝いた秀作。

パリの高級アパルトマンで悠々自適の老後生活を送る、音楽家夫婦のジョルジュとアンヌ。アンヌの愛弟子のピアニストの演奏会を聴きに出かけた翌日、いつものように2人で朝食を取っている最中、アンヌの身に異変が生じ、以後、彼女は不自由な体での生活を余儀なくされることに。病院に行くのはまっぴらご免、という彼女の願いを聞き入れ、ジョルジュが自宅でアンヌの世話をするようになるが、彼女の老いと病は着実に進行し…。

作品データ

  • 原題/Amour
  • 制作年/2012
  • 制作国/フランス/ドイツ/オーストリア
  • 内容時間(字幕版)/128分
  • ジャンル/ドラマ

受賞歴

  • 第85回(2012)アカデミー賞外国語映画賞
  • 第65回(2012)カンヌ国際映画祭パルムドール

出演

役名 役者名
ジョルジュ ジャン=ルイ・トランティニャン
アンヌ エマニュエル・リヴァ
エヴァ イザベル・ユペール
アレクサンドル アレクサンドル・タロー
ジョフ ウィリアム・シメル

スタッフ

  • 監督
    ミヒャエル・ハネケ
  • 製作
    マルガレート・メネゴス
  • 製作
    シュテファン・アルント
  • 製作
    ファイト・ハイドゥシュカほか
  • 脚本
    ミヒャエル・ハネケ
  • 撮影
    ダリウス・コンジ

ユーザーレビュー

現在、3件のレビューが登録されています。

  • 巻き戻し再生

    • ★★★☆☆
    • ウォルシュ
    • 2014/03/23 12:57

    今回の作品は、冒頭の劇場でのシーンがハネケ的でした。上演開始直前の長回しの1シーン。もちろんこの中に、主人公の2人は存在するのですが、なんの予備知識もなく観始め 続きを読む

  • 『痛い!痛い!』

    • ★★★★☆
    • hero come on
    • 2014/02/13 12:26

    …あらすじ・感想等は、「祭ばやしが聞こえる」さんのとおり。
      先に観た『二十四時間の情事』のエマニュエル・リヴァの53年後の作品。
      ミヒャエル・ハネケ
    続きを読む

  • 鳩と一緒に・・・。

    • ★★★★☆
    • 祭ばやしが聞こえる
    • 2014/02/05 17:33

    この作品は、老いと死についての物語です。スト-リ-の進行はとても分かり易い内容となっています。とても重い作品で、誰もが決して避けて通る事が出来ないので観ていて辛 続きを読む

ログインしてレビューを投稿する

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
4K画面解像度放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの