映画
アンナ・カレーニナ(2012)

アンナ・カレーニナ(2012)

5/17(月)午後3:00

5/24(月)午後3:15

政府高官の妻と、若き将校の運命的な出会い。恋に落ちた2人を、もう誰も止めることはできなかった……。K・ナイトレイ、J・ロウらが共演した豪華絢爛なラブストーリー。

「つぐない」のJ・ライト監督とナイトレイが3度目のタッグを組み、ロシアの文豪トルストイの原作を映画化。脚本を手がけたのは劇作家のT・ストッパード。映画全体が舞台劇となっていて、場面転換のときは映像が隣のステージに移動するという独特の手法を採用。中でもゴージャスな美しさを誇るのが、アンナとヴロンスキーが恋に落ちる舞踏会の場面。周囲がストップモーションで止まる中、恋に落ちた2人だけが踊り続けるシーンは息をのむような美しさだ。第85回アカデミー賞で衣装デザイン賞に輝いたのも話題。

My番組登録者数
  • 417
アンナ・カレーニナ(2012)

政府高官の妻と、若き将校の運命的な出会い。恋に落ちた2人を、もう誰も止めることはできなかった……。K・ナイトレイ、J・ロウらが共演した豪華絢爛なラブストーリー。

19世紀末ロシア。政府高官カレーニンの妻アンナはサンクトペテルブルク社交界の華で、夫と息子とともに暮らしていた。ある日、彼女はモスクワに向かう途中、若き将校ヴロンスキーと出会い、2人はひと目で互いに惹かれ合う。必死の思いで平常心を保とうとするアンナだが、舞踏会で再会した2人はもはや情熱を止めることができなかった。アンナは欺瞞に満ちた社交界や家庭を捨て、ヴロンスキーとの愛に生きる決意をするが……。

作品データ

  • 原題/Anna Karenina
  • 制作年/2012
  • 制作国/イギリス
  • 内容時間(字幕版)/130分
  • 内容時間(吹替版)/130分
  • ジャンル/ラブロマンス/青春

受賞歴

  • 第85回(2012)アカデミー賞衣装デザイン賞

出演

役名 役者名
アンナ・カレーニナ キーラ・ナイトレイ 弓場沙織
カレーニン ジュード・ロウ 村治学
ヴロンスキー アーロン・テイラー=ジョンソン 相原嵩明
ドリー ケリー・マクドナルド 木下紗華
オブロンスキー マシュー・マクファディン 横島亘
リョーヴィン ドーナル・グリーソン 西健亮

スタッフ

  • 監督
    ジョー・ライト
  • 製作
    ティム・ビーヴァンほか
  • 脚本
    トム・ストッパード
  • 撮影
    シーマス・マッガーヴェイ
  • 音楽
    ダリオ・マリアネッリ

関連特集

アンコール!アカデミー賞特集2021

昼下がりのシネ窓

ユーザーレビュー

現在、2件のレビューが登録されています。

  • 神の掟をやぶる...悲しい恋愛の美しさ

    • ★★★★★
    • Juliet.tyo
    • 2014/02/18 00:43

    原作を学生時代に読みましたが、映画化された作品を見たのは2作品めです。本作品はソフィ・マルソーのものより、格別に良い作品だと思いました。美しい、繊細な言葉で綴ら 続きを読む

  • 不倫のセオリー

    • ★★★☆☆
    • よいこままちゃん
    • 2014/02/17 13:33

    不倫の末路はここまで追い込まれなくとも悲劇。他人を裏切ればやがて自分を罰することになるのですよね。心からの平安を得たければキティを見習えということかな?そんなこ 続きを読む

ログインしてレビューを投稿する

関連特集

アンコール!アカデミー賞特集2021

昼下がりのシネ窓

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの