映画
ゼロ・ダーク・サーティ

ゼロ・ダーク・サーティ

7/16(木)午後0:30

9・11から10年。テロの首謀者ビンラディン暗殺作戦の背後には、ひとりの女性の執念があった。「ハート・ロッカー」のK・ビグロー監督が新たに放った衝撃の問題作。

2011年、パキスタンの隠れ家に潜伏しているところを米海軍特殊部隊に急襲されて命を落とした、テロ組織アルカイダの指導者ビンラディン。2001年の9・11同時多発テロ以降、ようとして行方の知れなかった彼の居場所をついに突き止め、暗殺するに至るまでのアメリカの隠密作戦の全容を、その主導的役割を果たしたひとりの女性CIA情報分析官を軸に、ビグロー監督が赤裸々なタッチで激写。「ツリー・オブ・ライフ」のJ・チャステインが、鬼気迫る熱演を披露。第85回アカデミー賞では音響編集賞を受賞した。

My番組登録者数
  • 290
ゼロ・ダーク・サーティ

9・11から10年。テロの首謀者ビンラディン暗殺作戦の背後には、ひとりの女性の執念があった。「ハート・ロッカー」のK・ビグロー監督が新たに放った衝撃の問題作。

2001年9月11日、世界中を震撼させる同時多発テロ事件が発生。アメリカは国家の威信を懸けてテロの首謀者ビンラディンの行方を追うが、彼の居場所はようとしてつかめない。2003年、手詰まり感が漂うCIAのビンラディン追跡チームに、20代半ばの女性分析官マヤが新たに参加。彼女は、容疑者たちを取り調べ尋問する過酷な現場を目の当たりにして思わずひるみつつも、心を鬼にして必死になお情報収集作業を続けていく。

作品データ

  • 原題/Zero Dark Thirty
  • 制作年/2012
  • 制作国/アメリカ
  • 内容時間(字幕版)/158分
  • ジャンル/サスペンス/ミステリー

受賞歴

  • 第85回(2012)アカデミー賞音響編集賞

出演

役名 役者名
マヤ ジェシカ・チャステイン
ダニエル ジェイソン・クラーク
パトリック ジョエル・エドガートン
ジェシカ ジェニファー・イーリー
ジョージ マーク・ストロング
CIA長官 ジェームズ・ギャンドルフィーニ

スタッフ

  • 監督
    キャスリン・ビグロー
  • 製作
    キャスリン・ビグロー
  • 製作
    マーク・ボール
  • 製作
    ミーガン・エリソン
  • 脚本
    マーク・ボール
  • 撮影
    グリーグ・フレイザー
  • 音楽
    アレクサンドル・デズプラ

ユーザーレビュー

現在、3件のレビューが登録されています。

  • ネタバレでもそれだと皆がビビるから

    • ★★★★☆
    • hero come on
    • 2014/03/05 11:41

    このレビューはネタばれのため本文を表示していません。 本文を見る

  • カメレオン女優、クソッタレ女と迫力のクライマックスそして...

    • ★★★★☆
    • ただの映画好き
    • 2014/02/23 07:39

    「ツりー・オブ・ライフ」「ヘルプ~心をつなぐストーリー」さらには「テイク・シェルター」と常にカメレオンのように変貌を遂げ続けてているジェシカ・チェスティン。私が 続きを読む

  • ウサマ・ビン・ラディンの 家族は皆殺し! でも仕方ないよね・・

    • ★★★☆☆
    • HDMaster
    • 2014/02/23 06:38

    女性CIA情報分析官を軸にしたので前半2/3はつまらない。 後半のヘリコプター数機で深夜に急襲し、テロリスト家族皆殺しにするあたりだけ面白かった。 然るに女性C 続きを読む

ログインしてレビューを投稿する

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの