映画
ムーンライズ・キングダム

6/3(月)午前11:00

6/30(日)午前5:15

ムーンライズ・キングダム

鬼才W・アンダーソン監督が、B・ウィリスら豪華キャストを迎えたスタイリッシュコメディ。1965年、はみ出し者同士である少年と少女は、自由を求める冒険に挑み……。

「ザ・ロイヤル・テネンバウムズ」「アステロイド・シティ」などの個性的作風で人気が高い米国の鬼才アンダーソン監督。その才能を認めたウィリス、E・ノートン、アンダーソン組常連のB・マーレイら一流キャストを迎えたのが本作。カメラが左右・上下・前後に動くという計算し尽くした演出を駆使しつつ、監督は若いキャストを含む俳優陣からその魅力を最大限引き出すのに成功。特に本作に関しては、子どもたちを主人公にすることで、アンダーソンの世界の一番の魅力である、ピュアな感性を見せつけたのが特色だ。

ムーンライズ・キングダム

鬼才W・アンダーソン監督が、B・ウィリスら豪華キャストを迎えたスタイリッシュコメディ。1965年、はみ出し者同士である少年と少女は、自由を求める冒険に挑み……。

1965年、ニューイングランド地方の小さな島。両親を失って以来、里親の世話になる12歳の少年サムが、所属するボーイスカウトのキャンプから突然姿を消す。1年前、サムは同い年の繊細な少女スージーと偶然出会い、以来彼女と文通を続けていたが、彼女と練った駆け落ちの計画をついに実行に移したのだった。2人はある入り江にある秘密の場所、“ムーンライズ・キングダム”に向かうが、一帯には巨大ハリケーンが接近し……。

作品データ

  • 原題/Moonrise Kingdom
  • 制作年/2012
  • 制作国/アメリカ
  • 内容時間(字幕版)/94分
  • 内容時間(吹替版)/94分
  • ジャンル/コメディ

出演

役名 役者名
シャープ ブルース・ウィリス 中村秀利
ウォード エドワード・ノートン 家中宏
スージーの父親ウォルト ビル・マーレイ 安原義人
スージーの母親ローラ フランシス・マクドーマンド 塩田朋子
福祉局員 ティルダ・スウィントン 勝生真沙子
サムのいとこのベン ジェイソン・シュワルツマン 斎藤寛仁
サム ジャレッド・ギルマン 小林由美子
スージー カーラ・ヘイワード 宇山玲加

スタッフ

  • 監督
    ウェス・アンダーソン
  • 製作
    ウェス・アンダーソン
  • 製作
    スコット・ルーディン
  • 製作
    スティーヴン・M・レイルズほか
  • 脚本
    ウェス・アンダーソン
  • 脚本
    ロマン・コッポラ
  • 撮影
    ロバート・イェーマン
  • 音楽
    アレクサンドル・デスプラ

関連特集

ウェス・アンダーソン監督特集

ユーザーレビュー

現在、2件のレビューが登録されています。

  • ネタバレこちらこそ、ありがとうございました

    • ★★★★☆
    • hero come on
    • 2014/01/22 14:55

    このレビューはネタばれのため本文を表示していません。 本文を見る

  • 絵本のよう

    • ★★★★★
    • ウォルシュ
    • 2013/12/30 16:53

    かわいい! この一言に尽きる作品です。まるで、絵本のページを1ページ1ページ、ゆっくりとめくるようにストーリーが綴られていく様で、ピュアな時間感覚を味わうことが 続きを読む

ログインしてレビューを投稿する

関連特集

ウェス・アンダーソン監督特集

閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの