映画
悪の教典

悪の教典
現在、放送予定はありません。

伊藤英明が次々と生徒たちを殺していくサイコパスの高校教師を熱演した、衝撃のサスペンスアクション。人気作家・貴志祐介の同名小説が原作。監督・脚本は鬼才・三池崇史。

第1回山田風太郎賞受賞など出版時から大反響を呼んだ原作を、人気男優・伊藤と鬼才・三池監督がタッグを組んで映画化。“エクセレント”が口癖で、教え子から“ハスミン”のあだ名で呼ばれて親しまれる青年教師(伊藤)だが、実はサイコパス(反社会性人格障害)。文化祭前日の夜、“ハスミン”は銃を手に、次々と教え子を殺しだす……。過激な描写が多く、本作を見たAKB48の大島優子が本作を“嫌い”と発言するなど、賛否両論を呼んだ。主人公の前日譚を描くスピンオフドラマ「悪の教典-序章-」も作られた。

悪の教典

伊藤英明が次々と生徒たちを殺していくサイコパスの高校教師を熱演した、衝撃のサスペンスアクション。人気作家・貴志祐介の同名小説が原作。監督・脚本は鬼才・三池崇史。

まさに理想の教師像で、生徒や同僚、PTAから信頼が篤い高校教師“ハスミン”こと蓮実聖司。だがその正体は、自分にとって邪魔な者を平気で殺すことができ、それを実行してきたサイコパスだった。そんな自分の正体が知られそうになって蓮実は、最後の手段に打って出て、なおかつ自分の欲望をみたそうとする。それは文化祭が始まる前夜、その準備で学校に居残る生徒全員をみな殺しにすること。蓮実はそれを実行に移すのだが……。

作品データ

  • 制作年/2012
  • 制作国/日本
  • 内容時間/130分
  • ジャンル/サスペンス/ミステリー

出演

役名 役者名
蓮実聖司 伊藤英明
片桐怜花 二階堂ふみ
早水圭介 染谷将太
前島雅彦 林遣都
夏越雄一郎 浅香航大
安原美彌 水野絵梨奈
柴原徹朗 山田孝之
久米剛毅 平岳大
釣井正信 吹越満
白井さとみ 松岡茉優

スタッフ

  • 監督
    三池崇史
  • 脚本
    三池崇史
  • 撮影
    北信康
  • 音楽
    遠藤浩二

ユーザーレビュー

現在、5件のレビューが登録されています。

  • 悪までも殺人鬼の話

    • ★★☆☆☆
    • Maruyama505
    • 2014/02/22 13:32

    伊藤英明主演で贈る学園ドラマ!
    いじめやカンニングに真っ向から立ち向かう三池作品と思いきや...

    ただの危ない教師を装った殺人鬼の話ではありませんか!
    続きを読む

  • もう、十分でしょ〜

    • ★★★★☆
    • ひげじじい
    • 2013/09/15 16:30

    ここまで、ぶっ放せば十分でしょう・・・ま〜とにかく、日本の映画の中で、ここまでのアクションって久しぶりな感じですね。内容はともあれ、伊藤さんの演技は、なかなかい 続きを読む

  • ヤリたい放題の作品ですねぇ。

    • ★★★☆☆
    • 祭ばやしが聞こえる
    • 2013/09/12 18:25

    ご感想は、お二人さんの書かれておられる通りです。猟銃でもって、生徒たちをただただ、ぶっ殺しまくりで、昔見た、映画『八つ墓村』のワンシ−ンで山崎努さんが猟銃でもっ 続きを読む

  • 原作の『ダイジェスト版』

    • ★★★☆☆
    • hero come on
    • 2013/09/11 16:26

    …あらすじは、解説のとおり。
      原作は、上・下巻ある大作。
      原作と比べると、主人公の教師ハスミンが頭脳明晰・話術巧みで生徒たちから絶大なる人気を博して
    続きを読む

  • ネタバレクライマックスのやり口をどう感じるか、人によって好みが分かれるところです

    • ★★★☆☆
    • ワッキーはん
    • 2013/08/31 13:12

    このレビューはネタばれのため本文を表示していません。 本文を見る

もっと見る

ログインしてレビューを投稿する

閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの