映画
DOG×POLICE 純白の絆

DOG×POLICE 純白の絆
現在、放送予定はありません。

劣性遺伝(アルビノ)というハンデを抱えて生まれた犬との出会いが、熱き心を持った警官の運命を変える。市原隼人と戸田恵梨香が共演した、犬と人間が紡ぐ相棒アクション。

コミック「海猿」でも知られる小森陽一は新潟中越地震を取材した中、警備犬が活躍したことに注目。警備犬チームへの取材をもとに書かれた原案を、映画やTVドラマの演出を手掛けてきた七高剛監督が映像化。市原と息の合ったコンビぶりを見せるホワイト・スイス・シェパード“シロ”が見もの。また、冒頭やクライマックスなど何度も見られる爆破場面は「GANTZ」にも参加した操演チームによる。CGに頼らず、ロケで使われた建物や採石場跡を実際に爆破するという、本物の迫力へのこだわりもぜひ堪能してみたい。

My番組登録者数
  • 0
DOG×POLICE 純白の絆

劣性遺伝(アルビノ)というハンデを抱えて生まれた犬との出会いが、熱き心を持った警官の運命を変える。市原隼人と戸田恵梨香が共演した、犬と人間が紡ぐ相棒アクション。

警視庁に、協調性に欠けるが抜群の検挙率を誇り、人一倍正義感が強い、刑事志望の若い警官、早川がいた。いよいよ刑事に昇進するかという、そんな彼に警視庁警備部警備第二課装備第四係という部署への配属辞令が下る。そこは警備犬とそのハンドラーが所属する部署だった。期待はずれの人事に対し、熱意を失いつつある早川にあてがわれたバディ(警備犬)は“シロ”だった。早川と“シロ”は厳しい訓練を乗り越えて絆を深めていく。

作品データ

  • 制作年/2011
  • 制作国/日本
  • 内容時間/105分
  • ジャンル/アクション/冒険・サスペンス/ミステリー

出演

役名 役者名
早川勇作 市原隼人
水野夏希 戸田恵梨香
竹清悟 村上淳
西村孝 カンニング竹山
永井孝介 阿部進之介
向井寛 時任三郎

スタッフ

  • 監督
    七高剛
  • 原案
    小森陽一
  • 脚本
    大石哲也
  • 撮影
    斉藤幸一
  • 音楽
    佐藤直紀

関連特集

秋の邦画月間 全50作品一挙放送

晩秋にじっくり楽しみたい日本映画の大特集

ユーザーレビュー

現在、1件のレビューが登録されています。

  • 唖然!愕然!眼が点!☆1点!

    • ★☆☆☆☆
    • hero come on
    • 2013/08/21 15:09

    …あらすじは、解説のとおり。
      この映画で描かれているのは「警察犬」ではなく「警備犬」で、警察内では「装備品」という物扱いされているが、凶悪犯罪やテロに立ち
    続きを読む

ログインしてレビューを投稿する

関連特集

秋の邦画月間 全50作品一挙放送

晩秋にじっくり楽しみたい日本映画の大特集

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの