映画
Uボート

Uボート

2/17(月)よる6:20

第2次世界大戦中、ドイツ海軍の潜水艦の乗組員たちが直面する運命を息苦しいほど生々しく重厚に描いた秀作戦争映画。ドラマ「Uボート ザ・シリーズ 深海の狼」の原点。

本作はもともと、計約6時間にわたるTVドラマとして、ドイツの映像業界史上屈指の製作費を投じ、映画版の完成までに2年もの歳月をかけた異例の超大作。劇場公開用に再編集されたこの映画版は世界各国で公開され、第55回アカデミー賞で監督賞、脚色賞ほか6部門にノミネートされるなど、国際的にも高い評価を獲得。その後W・ペーターゼン監督がハリウッドに進出してさらなる活躍を披露する前の出世作となった。閉ざされた狭い空間内で繰り広げられる息詰まるドラマは緊迫感満点で、最後の最後まで目が離せない。

My番組登録者数
  • 247
Uボート

第2次世界大戦中、ドイツ海軍の潜水艦の乗組員たちが直面する運命を息苦しいほど生々しく重厚に描いた秀作戦争映画。ドラマ「Uボート ザ・シリーズ 深海の狼」の原点。

1941年、ドイツ占領下のフランスの港町ラ・ロシェルから、30歳ながら乗組員で最年長たる歴戦の艦長を筆頭に、20代の若き乗組員たちを乗せたドイツ海軍の潜水艦、U96が出航。やはり22歳で若い報道部記者ヴェルナーも、従軍記事の取材のため、初めてそのUボートに乗り込む。大西洋を哨戒航行して数日が経過した後、連合国側の敵船団を発見したU96は、海中への潜航を開始し、艦内はたちまち重苦しい空気に包まれる。

作品データ

  • 原題/Das Boot
  • 制作年/1981
  • 制作国/西ドイツ
  • 内容時間(字幕版)/136分
  • ジャンル/ドラマ・歴史劇/時代劇/西部劇

出演

役名 役者名
艦長 ユルゲン・プロホノフ
ヴェルナー ヘルバート・グリューネマイヤー
機関長 クラウス・ヴェンネマン
一等航海士 ベルント・タウバー
第一当直士官 フーベルトゥス・ベンクシュ

スタッフ

  • 監督
    ウォルフガング・ペーターゼン
  • 製作
    ギュンター・ロールバッハ
  • 脚本
    ウォルフガング・ペーターゼン
  • 撮影
    ヨスト・ヴァカーノ
  • 音楽
    クラウス・ドルディンガー

関連特集

アクション特集:男たちのバトルフィールド

極限状態で戦う男たちの勇姿を見たい6作品

ユーザーレビュー

現在、3件のレビューが登録されています。

  • 海の男、〇〇で死す!

    • ★★★★★
    • さすらいダイバー
    • 2019/08/04 10:59

    戦争の虚しさを海の男で表現した秀逸な作品。
    民放でもNHKのBSでも何度も放送された作品。今回は新作、ドラマ放送のため「おさらい放送」?
    CGを使わない戦闘シー
    続きを読む

  • ネタバレ聞きしに勝る名作

    • ★★★★★
    • hero come on
    • 2013/08/21 15:49

    このレビューはネタばれのため本文を表示していません。 本文を見る

  • ドイツ兵に感情移入できる希少な作品

    • ★★★★★
    • 1ミリフィルム
    • 2013/08/04 02:34

    今回WOWOWで初放映というのが意外ですが、戦争映画の傑作としてプッシュします。
    英米仏視点ではひたすらユダヤ人を迫害しまくるヒール役でしかないドイツ兵が、本作
    続きを読む

ログインしてレビューを投稿する

関連特集

アクション特集:男たちのバトルフィールド

極限状態で戦う男たちの勇姿を見たい6作品

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの