映画
トータル・リコール(2012)[ディレクターズ・カット版]

トータル・リコール(2012)[ディレクターズ・カット版]

3/12(火)午前8:30

人工記憶センター“リコール社”を訪れた男性。彼の記憶がよみがえる時、世界の運命を変える戦いが始まる……。人気小説をC・ファレル主演で再映画化したSFアクション。

P・K・ディックの原作はまず1990年、ポール・ヴァーホーヴェン監督、アーノルド・シュワルツェネッガー主演で映画化されて大ヒット。今回は同じ原作をもとに、「ダイ・ハード4.0」のL・ワイズマン監督が新たな着想で“リ・イマジネーション”。最初の映画版に対する目配せがありながらも、ワイズマン監督らしい畳み掛けるアクションの連続に思わず息をのむ。監督夫人であるK・ベッキンセールの“鬼嫁”ぶりが痛快で、もうひとりのヒロイン、J・ビールと繰り広げる激しい女性同士の戦いからも目が離せない。

トータル・リコール(2012)[ディレクターズ・カット版]

人工記憶センター“リコール社”を訪れた男性。彼の記憶がよみがえる時、世界の運命を変える戦いが始まる……。人気小説をC・ファレル主演で再映画化したSFアクション。

21世紀末の地球。科学戦争の結果、大部分が居住不可能となり、富裕層が暮らす“ブリテン連邦(UFB)”と、その支配下にある“コロニー”に分かれていた。コロニーに住むダグラスは続けざまに悪夢に悩まされ、いつも同じ場面で目が覚めていた。ある日彼は顧客に人工記憶を楽しませる“リコール社”を訪れ、怪しげな装置に座り、“諜報員”の記憶を希望する。彼の記憶が書き替えられようとした時、なぜか警官隊が突入してくる。

作品データ

  • 原題/Total Recall
  • 制作年/2012
  • 制作国/アメリカ
  • 内容時間(字幕版)/131分
  • 内容時間(吹替版)/131分
  • ジャンル/アクション/冒険・SF/ファンタジー

出演

役名 役者名
ダグラス・クエイド/カール・ハウザー コリン・ファレル
ローリー・クエイド ケイト・ベッキンセール
メリーナ ジェシカ・ビール
コーヘイゲン ブライアン・クランストン
マサイアス ビル・ナイ

スタッフ

  • 監督
    レン・ワイズマン
  • 製作総指揮
    レン・ワイズマンほか
  • 製作
    ニール・H・モリッツ
  • 製作
    トビー・ジャッフェ
  • 原案
    ダン・オバノン
  • 原案
    ロナルド・シャセット
  • 原案
    ジョン・ポヴィル
  • 脚本
    カート・ウィマー
  • 脚本
    マーク・ボンバック
  • 撮影
    ポール・キャメロン
  • 音楽
    ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ

ユーザーレビュー

現在、3件のレビューが登録されています。

  • ここではない何処かへ

    • ★★★☆☆
    • arurumonn
    • 2014/03/17 23:13

    この作品には「夢か現実か」というテーマがまずあって、前作のオリジナル版ではそれを利用してのノスタルジックなSF世界が再現されてたワケですが、ひとつひとつのガジ 続きを読む

  • 鬼嫁

    • ★★★☆☆
    • hero come on
    • 2013/08/21 14:35

    …あらすじは、解説のとおり。
      アーノルド・シュワルツェネッガーの『トータル・リコール』は、しっかりとマイ・ライブラリーに保存してあったので、それなりに面白
    続きを読む

  • 『ブレードランナー』的 近未来予測動画 主役がショボイのが残念

    • ★★★★★
    • HDMaster
    • 2013/08/17 16:23

    視ていて唯一残念だったのが 3流俳優の コリン・ファレルが主役だったことで、その他は A・シュワルツェネッガー主演の前作よりも全てに渡り素晴らしい映画となってい 続きを読む

ログインしてレビューを投稿する

閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの