{"prg_cd":"102877"}
{"prg_cd":"102877"}

映画
それでもボクはやってない

それでもボクはやってない
現在、放送予定はありません。

ある日身に覚えのない痴漢容疑で逮捕・起訴された青年の裁判を通して、日本の刑事裁判制度のあり方を痛烈に問い直した、周防正行監督の会心の社会派エンターテインメント。

前作の「Shall we ダンス?」から11年。実際にあった刑事裁判をきっかけに冤罪に興味を抱いた周防監督が、長年丹念な取材を積み重ねた末、従来の娯楽映画路線にシリアスなテーマも加味した“社会派エンターテインメント”として世に問い、数々の映画賞に輝いた会心の傑作。はじめから一貫して無罪を主張しているにもかかわらず、痴漢容疑で逮捕・起訴された青年の刑事裁判を通して、まずは有罪ありきの考えが支配的な日本の裁判制度の現状に鋭い疑問を投げかける。出演は加瀬亮、瀬戸朝香、役所広司ほか。 ※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 0
それでもボクはやってない

ある日身に覚えのない痴漢容疑で逮捕・起訴された青年の裁判を通して、日本の刑事裁判制度のあり方を痛烈に問い直した、周防正行監督の会心の社会派エンターテインメント。

朝の通勤・通学ラッシュの電車内で、近くに乗り合わせた女子中学生から身に覚えのない痴漢行為をとがめられ、現行犯として逮捕されたフリーターの金子徹平。清廉潔白であることを確信する彼は、警察署や検察庁での取り調べでも一貫して無罪を主張するが、誰もその声に耳を傾けようとはせず、ついに徹平は起訴される。そして、ベテラン弁護士の荒川、新米弁護士の須藤が彼の弁護に当たる中、法廷の場での困難な闘いが始まる。

作品データ

  • 制作年/2007
  • 制作国/日本
  • 内容時間/144分
  • ジャンル/ドラマ

出演

役名 役者名
金子徹平 加瀬亮
須藤莉子 瀬戸朝香
荒川正義 役所広司
斉藤達雄 山本耕史
金子豊子 もたいまさこ
浜田明 田中哲司

スタッフ

  • 監督
    周防正行
  • 製作
    亀山千広
  • 脚本
    周防正行
  • 撮影
    栢野直樹
  • 音楽
    周防義和

ユーザーレビュー

現在、1件のレビューが登録されています。

  • 多くの方に見てもらいたい

    • ★★★★★
    • 鈴木四郎
    • 2013/09/14 17:21

    今の日本では間違って捕まったとしても、
    非常に高い確率で有罪とされてしまうということ。
    他国から「日本の司法は中世」と言われても仕方がありません。

ログインしてレビューを投稿する

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの