映画
プリンセス トヨトミ

プリンセス トヨトミ
現在、放送予定はありません。

堤真一、綾瀬はるか、岡田将生ら豪華キャストの競演で万城目学のベストセラー小説を映画化。ある日突然、大阪府で一切のビジネスが一斉に停止してしまう。その真相は……。

万城目学の「鹿男あをによし」「鴨川ホルモー」と並ぶ“関西三部作”の一つを原作にした、壮大なスケールのミステリー・エンターテインメント。大阪府の地下に“大阪国”が眠っていたら……という大胆なアイデアのもと、予想できないストーリー展開が、時にコミカルに、時にスリリングに繰り広げられる。映像化に当たってなされた改変を、原作小説と比べてみるのもお楽しみだろう。大阪の庶民的な街角でのロケも見どころだ。監督はTV・映画の「HERO」シリーズの鈴木雅之。 ※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 0
プリンセス トヨトミ

堤真一、綾瀬はるか、岡田将生ら豪華キャストの競演で万城目学のベストセラー小説を映画化。ある日突然、大阪府で一切のビジネスが一斉に停止してしまう。その真相は……。

ある年の7月8日の午後4時、大阪府で突如としてありとあらゆるビジネス活動が一斉に停止してしまう……。その4日前、会計検査院の3人、上司の松平と2人の若い部下、鳥居と旭は東京から大阪へ出張し、何も問題がなさそうな財団法人“OJO(大阪城趾整備機構)”の調査を開始。やがて彼らは大阪の地下深くに1615年の大坂夏の陣以来、徳川家に反抗した大阪人たちが豊臣家の遺産というべき大阪国を築いていたことを知る。

作品データ

  • 制作年/2011
  • 制作国/日本
  • 内容時間/120分
  • ジャンル/サスペンス/ミステリー

楽曲情報

  • ケルティック・ウーマン
    Princess Toyotomi~永遠の絆

出演

役名 役者名
松平元 堤真一
鳥居忠子 綾瀬はるか
旭ゲンズブール 岡田将生
橋場茶子 沢木ルカ
真田大輔 森永悠希
長曽我部 笹野高史
真田竹子 和久井映見
真田幸一 中井貴一

スタッフ

  • 監督
    鈴木雅之
  • 脚本
    相沢友子
  • 撮影
    佐光朗
  • 音楽
    佐橋俊彦

関連特集

春の邦画スペシャル

邦画のヒット作全33本を1カ月かけて特集

ユーザーレビュー

現在、4件のレビューが登録されています。

  • 豪華俳優陣だが…

    • ★★☆☆☆
    • hero come on
    • 2012/05/02 12:26

    あらすじは、解説のとおり。
    出演はそれぞれが主演をはれる堤真一、綾瀬はるか、岡田将生、中井貴一といった豪華俳優陣だ。原作は読んだことがないが、あまりにも現実離
    続きを読む

  • 2012/05/01

    • ★★☆☆☆
    • さかてつ
    • 2012/05/02 01:10

    豪華キャストや面白そうな設定の割には期待外れ

  • ネタバレ堤真一と綾瀬はるかのPV(プロモーション・ビデオ)??

    • ★★☆☆☆
    • さすらいダイバー
    • 2012/04/22 23:39

    このレビューはネタばれのため本文を表示していません。 本文を見る

  • 期待ハズレ

    • ★★☆☆☆
    • number87
    • 2012/03/27 11:57

    原作も出演陣もいいだけに期待していましたが、残念な感じです。無駄なシーンは多いのに肝心なところが適当、省かれているので全体の内容がぼやけているように感じました。 続きを読む

もっと見る

ログインしてレビューを投稿する

関連特集

春の邦画スペシャル

邦画のヒット作全33本を1カ月かけて特集

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの