{"prg_cd":"051503"}
{"prg_cd":"112718"}
{"prg_cd":"101981"}
{"prg_cd":"101982"}
{"prg_cd":"113418"}
{"prg_cd":"113445"}
{"prg_cd":"112767"}
{"prg_cd":"113250"}
{"prg_cd":"051283"}
{"prg_cd":"109171"}
{"prg_cd":"107890"}
{"prg_cd":"022022"}
{"prg_cd":"017941"}
{"prg_cd":"001792"}
{"prg_cd":"109620"}
{"prg_cd":"110723"}
{"prg_cd":"111536"}
{"prg_cd":"111533"}
{"prg_cd":"111808"}
{"prg_cd":"111934"}
{"prg_cd":"112126"}
{"prg_cd":"112386"}
{"prg_cd":"112422"}
{"prg_cd":"112334"}
{"prg_cd":"112605"}

音楽
オフビート&JAZZ

オフビート&JAZZ

テデスキ・トラックス・バンド ライブ・フロム・ザ・フォックス・オークランド 

9/21(金)午前5:30

ソウライブ at“LIVE MAGIC!”

10/3(水)深夜1:00

  • 画像
     

    オフビート&JAZZ最終回にあたり司会のお二人よりコメントをいただきました。

    【ピーター・バラカン】
    ぼくは10代からジャズに関心はあったけれど、限られた小遣いでいつももっと優先的に買いたいレコードが多く、偏った内容の数少ないコレクションしかない状態でした。それでもべつに何の悩みもなく、好きな作品を好きなように聞き続けてきたのです。しかし、1995年にWOWOWのジャズに特化した番組の司会を頼まれた時、正直なところ自分の力不足が気になりました。日本にはジャズに非常に詳しい方が多く、ちょっとでも間違ったことを言うと苦情が殺到しそうな気がして、最初のうちはかなり緊張した気持で収録に臨みました。でも、番組が継続するうちに不安は少しずつ消えて、自然体で様々なジャズの演奏を紹介することができました。
    ラジオと違ってテレビの場合は素材を選ぶのはあくまで制作者なので、番組のプレゼンターとして毎回自分の一押しのアーティストを紹介するとは限りません。いつも見てくれる視聴者の方には、解説するぼくに勢いがある時とない時がはっきりと見分けられたことでしょう。それでも気がついたら、番組の企画とタイトルが何度か変わって最終形の「Offbeat & Jazz」の6年間を含むと23年ほどWOWOWでジャズ番組の司会を務めたことになります。「All Things Must Pass」とはよく言ったもので、いよいよ番組が終了することになりました。長年にわたって支えてくれた視聴者の皆さんに改めて感謝します。またどこかで多様な音楽を紹介する番組でお会いできる日を楽しみにしています。

    【荻野仁美】
    「大人の音楽」「敷居が高い」これが番組を担当する当初、私がジャズにもっていたイメージです。
    そして3年経った今、思うことは、その対極!ジャズはとても自由で皆にひらかれた音楽だという事。
    まだまだジャズ初心者な私ですが、視聴者の皆様と同じ立場で新しい音楽との出会いを楽しんできました。
    今まで番組をご覧頂き、本当にありがとうございました。番組は終了しますが、これからの人生の中でもジャズに親しんでいければなと思っています。皆様と今度はどこかのライブ会場などでお会いできますように。

スピリッツ溢れるJAZZから広げる、新たな音楽への扉。 

ジャズを中心としたソウルフルな音楽のアーティストを幅広くセレクトしてお届けする。あらゆる音楽に通じるピーター・バラカンのナビゲートで、音楽の魅力を、深く伝えてい 続きを読む ※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 235
  • オフビート&JAZZ

    テデスキ・トラックス・バンド ライブ・フロム・ザ・フォックス・オークランド 

    9/21(金)午前5:30 9/21(金)午前5:30
  • オフビート&JAZZ

    オフビート&JAZZ ソウライブ at“LIVE MAGIC!”

    10/3(水)深夜1:00 10/3(水)深夜1:00
    オフビート&JAZZ

    ピーター・バラカンがキュレーターを務める音楽フェスティバル“LIVE MAGIC!”。恵比寿ガーデンプレイスで行なわれたフェスから、ソウライブのステージを放送。

    ソウライブは、キーボード、ギター、ドラムというトリオ編成を基本としたグループ。1999年の結成以来、ファンキーなサウンドとエネルギッシュなパフォーマンスで、ジャズ・ファンのみならず、R&B、ロックなどのファンたちからも大きな支持を獲得してきた。
    そんな彼らが2017年10月、ピーター・バラカンがプロデュースするライブイベント「Peter Barakan’s LIVE MAGIC!」に出演し、圧倒的なステージを展開してファンを熱狂させた。今回はそのライブの模様を放送する。ザ・ビートルズの楽曲のカバーアルバム『Rubber Soulive』からのナンバーを中心とした、ファンキーでダンサブルなパフォーマンスは必見だ。

    収録日・収録場所

    • 2017年10月21日/東京 恵比寿ガーデンプレイス ザ・ガーデンホール

    楽曲情報

    • ソウライブ
      Get Back
      Come Together
      In My Life
      Eleanor Rigby
      I Want You (She’s So Heavy)
      Something
      Revolution
      Tuesday Night’s Squad
    • (以下、LIVE MAGIC!ダイジェストより)
    • The New Stew
      Use Me
    • Playing For Change
      Teach Your Children
    • The Steve McQueens
      Catch Me Falling
    • 民謡クルセイダーズ
      会津磐梯山
    • 濱口祐自
      Welcome Picking
      Caravan
    • Live Magic! Session Party feat. We Banjo 3
      Little Liza Jane
    • Myahk Song Book(與那城美和 & 松永誠剛)
      白鳥ぬあーぐ
    • Omar Sosa & Seckou Keita feat. Gustavo Ovalles
      Dary
    • Quarter To Africa
      Drop Your Fears
    • We Banjo 3
      Pressed For Time

    出演

    • MC
      ピーター・バラカン
    • MC
      荻野仁美
    • インタビュー
      濱口祐自
  • オフビート&JAZZ

    ノラ・ジョーンズ ライブ・イン・バーゼル 2016

    10/25(木)午前9:30 10/25(木)午前9:30
閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの