映画
タイタンの戦い(2010)

タイタンの戦い(2010)

11/25(木)午前9:15

特撮映画の巨匠レイ・ハリーハウゼンの実質的引退作となった1981年の作品を、最新CGを駆使し、S・ワーシントンの主演でリメイクした冒険ファンタジー。続編も誕生。

特撮映画の父R・ハリーハウゼンが1981年に発表した、どこか昔懐かしくて胸躍る特撮ファンタジー映画が、今日の革新的なCG映像によって、まったく次元の異なる、迫力と臨場感満点のスペクタクル・アドベンチャーへとすっかり変貌。物語の枠は大まかに前作を踏襲しつつ、今回は神と人間との戦いというテーマにより重点を置いている点、主人公ペルセウスの恋の相手役が異なる点も気になるところ。監督はフランスからハリウッドに進出した「トランスポーター」のL・レテリエ。続編「タイタンの逆襲」も作られた。

My番組登録者数
  • 221
タイタンの戦い(2010)

特撮映画の巨匠レイ・ハリーハウゼンの実質的引退作となった1981年の作品を、最新CGを駆使し、S・ワーシントンの主演でリメイクした冒険ファンタジー。続編も誕生。

神と人間が共存していた神話の時代。全能の神ゼウスの息子として生まれながら、幼い時に母とともに海に流されたところを救われ、人間の子として育てられたペルセウス。やがて彼はたくましい青年へと成長するが、ある日、ゼウスの兄で冥界の王ハデスに、育ての親を無残にも殺されてしまう。ハデスの暴虐に対し、このままでは人類が破滅してしまうと危機感を募らせたペルセウスは、命知らずの猛者たちを率いてハデス打倒の旅に出る。

作品データ

  • 原題/Clash of The Titans
  • 制作年/2010
  • 制作国/アメリカ
  • 内容時間(字幕版)/107分
  • 内容時間(吹替版)/107分
  • ジャンル/アクション/冒険

出演

役名 役者名
ペルセウス サム・ワーシントン 藤真秀
ゼウス リーアム・ニーソン 津嘉山正種
イオ ジェマ・アータートン 甲斐田裕子
ドラコ マッツ・ミケルセン 大塚芳忠
カリボス/アクリシオス王 ジェイソン・フレミング 小山力也
ハデス レイフ・ファインズ 土師孝也
アンドロメダ アレクサ・ダヴァロス 林真里花

スタッフ

  • 監督
    ルイ・レテリエ
  • 製作
    ベイジル・イヴァニク
  • 製作
    ケビン・デ・ラ・ノイ
  • 脚本
    トラヴィス・ビーチャム
  • 脚本
    フィル・ヘイ
  • 脚本
    マット・マンフレディ
  • 撮影
    ピーター・メンジース・ジュニア
  • 音楽
    ラミン・ジャヴァディ

関連特集

「タイタンの戦い」一挙放送

ギリシャ神話の冒険譚を映像化した2作品

ユーザーレビュー

現在、3件のレビューが登録されています。

  • 脇役が持って行ってる件

    • ★★★☆☆
    • 東南西北白發中
    • 2017/10/07 16:20

    ペルセウスが旅に出るきっかけはともかく、グライアイ三姉妹→メドゥーサ退治、という流れは神話通り。その後は、クラーケンを絡めてハデスとの対決という展開です(対決と 続きを読む

  • ネタバレ終盤にかけて盛り上がりが無いのが残念

    • ★★★☆☆
    • yamasan2000
    • 2011/03/26 13:29

    このレビューはネタばれのため本文を表示していません。 本文を見る

  • ネタバレ観やすいけどあっさりし過ぎ感も。。。

    • ★★★☆☆
    • hitomi1046
    • 2011/03/16 11:34

    このレビューはネタばれのため本文を表示していません。 本文を見る

ログインしてレビューを投稿する

関連特集

「タイタンの戦い」一挙放送

ギリシャ神話の冒険譚を映像化した2作品

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの