映画
沈黙の鎮魂歌

沈黙の鎮魂歌

12/19(日)午前8:35

元ロシアンマフィアの犯罪小説家が、愛娘がかつての宿敵の息子と結婚することになったことから因縁の闘いに巻き込まれていく。S・セガール主演の“沈黙”アクション。

「沈黙の○○」に当てはまる邦題をファンに公募するというイベントも話題を呼んだハードアクション。今回セガール扮する主人公は、なんと犯罪小説家。巨体でデスクに向かい、大きな手でパソコンのキーをたたく姿は沈黙ファンならずとも必見だ。もちろん彼が演じる主人公がただの作家のはずはなく、元ロシアンマフィアのボスという経歴を持ち、それがために望まぬ争いに巻き込まれることになる。設定上、バイオレンスの度合いはさらにアップし、怒りに燃える主人公の情け容赦のない復讐劇はすさまじいのひと言だ。

My番組登録者数
  • 294
沈黙の鎮魂歌

元ロシアンマフィアの犯罪小説家が、愛娘がかつての宿敵の息子と結婚することになったことから因縁の闘いに巻き込まれていく。S・セガール主演の“沈黙”アクション。

元ロシアンマフィアのボスで、現在は犯罪小説家のルスラン。ある日、元妻からひとり娘レイニーの結婚を知らされた彼は、祝福のためニューヨークへ向かう。娘との再会を喜ぶルスランだが、新郎ステファンがかつての宿敵ミカエルの息子と知って驚く。ステファンは花嫁のため組織から抜けたというが、ミカエルの心中を思うとルスランは胸騒ぎを隠せない。やがて彼の不安は的中、式直前に元妻は殺され、レイニーも瀕死の重傷を負う。

作品データ

  • 原題/Driven to Kill(Ruslan)
  • 制作年/2009
  • 制作国/アメリカ/カナダ
  • 内容時間(字幕版)/99分
  • 内容時間(吹替版)/99分
  • ジャンル/アクション/冒険

出演

役名 役者名
ルスラン スティーヴン・セガール
ステファン ドミトリー・チェポヴェツキー
ミカエル イゴール・ジジキン
テリー ロバート・ワイズデン
キャサリン インナ・コロブキナ
レイニー ローラ・メネル
アレックス アレクサンダー・ラファルスキー

スタッフ

  • 監督
    ジェフ・F・キング
  • 製作総指揮
    スティーヴン・セガール
  • 製作
    カーク・ショウ
  • 脚本
    マーク・ジェームズ
  • 撮影
    トム・ハーティング
  • 音楽
    ピーター・アレン

関連特集

吹替で楽しむ!もっと!沈黙の帝王 スティーヴン・セガール

セガールの“沈黙”アクションを吹替版で!

ユーザーレビュー

投稿されているレビューはありません。

関連特集

吹替で楽しむ!もっと!沈黙の帝王 スティーヴン・セガール

セガールの“沈黙”アクションを吹替版で!

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの