映画
東京タワー オカンとボクと、時々、オトン

東京タワー オカンとボクと、時々、オトン
現在、放送予定はありません。

才人リリー・フランキーが亡き母親への想いを切々と綴ってベストセラーを記録した同名自伝小説を、オダギリジョーと樹木希林という絶妙の顔合わせで映画化した感動ドラマ。

母と子の絆を物語の軸に、いつの世にも変わらない親子のぬくもりや青春の鬱屈を素直な文体で綴り、国民的ベストセラーとなったリリー・フランキーの自伝小説を、原作者同様、福岡出身である才人・松尾スズキが脚色し、「さよなら、クロ」の松岡錠司監督が映画化。第31回日本アカデミー賞で14部門にノミネートされ、作品賞など主要5部門に輝いた感動作。主人公のボクをオダギリジョーが、その母親=オカン役を樹木希林がそれぞれ絶妙に好演。若き日のオカンを樹木の実娘、内田也哉子が演じたのも話題となった。

My番組登録者数
  • 0
東京タワー オカンとボクと、時々、オトン

才人リリー・フランキーが亡き母親への想いを切々と綴ってベストセラーを記録した同名自伝小説を、オダギリジョーと樹木希林という絶妙の顔合わせで映画化した感動ドラマ。

1960年代。夫オトンに愛想を尽かした妻オカンは、まだ幼い息子、ボクを連れ、小倉から筑豊の実家に戻ると、女手一つでボクを育てることに。1980年代、憧れの東京に出て美大生となったボクは自堕落な毎日を送る。どうにか美大を卒業後、いつしかたまった借金を返そうとなんでも仕事を引き受けるうち、イラストやコラムで次第に食えるようになってきたボクだったが、そんなある日、オカンががんで入院したとの知らせが入る。

作品データ

  • 制作年/2007
  • 制作国/日本
  • 内容時間/143分
  • ジャンル/ドラマ

出演

役名 役者名
ボク オダギリジョー
オカン 樹木希林
若い頃のオカン 内田也哉子
ミズエ 松たか子
オトン 小林薫
筑豊のばあちゃん 渡辺美佐子
小倉のばあちゃん 佐々木すみ江

スタッフ

  • 監督
    松岡錠司
  • 脚本
    松尾スズキ
  • 撮影
    笠松則通
  • 音楽
    上田禎

ユーザーレビュー

現在、1件のレビューが登録されています。

  • ネタバレまさに名作

    • ★★★★★
    • やまたのぱぱ
    • 2011/01/18 15:57

    このレビューはネタばれのため本文を表示していません。 本文を見る

ログインしてレビューを投稿する

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの