映画
魍魎の匣

魍魎の匣
現在、放送予定はありません。

人気作家・京極夏彦の《京極堂(百鬼夜行)》シリーズから「姑獲鳥の夏」に続く映画化第2弾。三つの事件を結ぶ“匣(はこ)”の謎とは。堤真一、阿部寛、椎名桔平ら競演。

日本史や古典、怪談・妖怪などに造詣が深い京極の代表作の一つである《京極堂(百鬼夜行)》シリーズから、第49回日本推理作家協会賞に輝くシリーズ第2作を映画化したのが本作。連続美少女殺人事件、暗躍する謎の教団、警察が追う巨大な箱型建物という三つのプロットが、最終的に一つの線で結ばれていく壮大な展開を、豪華キャストの競演、中国・上海での本格ロケ撮影など、ダイナミックな工夫を凝らしてにぎやかに映像化していて、大いに盛り上がる。監督は「クライマーズ・ハイ」「関ヶ原」の原田眞人。

魍魎の匣

人気作家・京極夏彦の《京極堂(百鬼夜行)》シリーズから「姑獲鳥の夏」に続く映画化第2弾。三つの事件を結ぶ“匣(はこ)”の謎とは。堤真一、阿部寛、椎名桔平ら競演。

1952(昭和27)年。探偵の榎木津は元映画女優の陽子から、失踪した彼女の娘、加菜子の捜索を頼まれる。同じ頃、作家の関口は少女連続殺人事件を調査するうち、ある新興宗教団体を怪しいとにらむが、団体では信者が10人も失踪していた。少女連続殺人事件を調べる青木刑事はやがて、加菜子が電車にひかれて瀕死の重傷を負った現場に遭遇。古書店《京極堂》の主人である中禅寺は、これら三つの難事件の解決に挑もうとし……。

作品データ

  • 制作年/2007
  • 制作国/日本
  • 内容時間/132分
  • ジャンル/サスペンス/ミステリー

出演

役名 役者名
中禅寺秋彦(京極堂) 堤真一
榎木津礼二郎 阿部寛
関口巽 椎名桔平
木場修太郎 宮迫博之
中禅寺敦子 田中麗奈
柚木陽子 黒木瞳
久保竣公 宮藤官九郎
美馬坂幸四郎 柄本明
楠本頼子 谷村美月

スタッフ

  • 監督
    原田眞人
  • 企画
    遠谷信幸
  • 脚本
    原田眞人
  • 撮影
    柳島克己
  • 音楽
    村松崇継
  • 美術
    池谷仙克

ユーザーレビュー

現在、5件のレビューが登録されています。

  • 京極夏彦×実相寺昭雄

    • ★★★☆☆
    • jun市
    • 2018/01/01 16:06

    2016年は実相寺監督没後10年で2017年は生誕80周年だった。京都と東京で上映会があったが、テレビでは特集を組まれてはいないようだった。そんな2017年に本 続きを読む

  • 原作に興味を持った

    • ★★★☆☆
    • A-RI
    • 2017/12/27 02:58

    ストーリーが分かりにくいところがチラホラ。色々な人の思いや感情が錯綜して最終的にどうしてそうなったかピタッとはまらずモヤモヤ…。(そういう手法なのかもしれません 続きを読む

  • 映画から原作へ

    • ★★★★☆
    • benigumi
    • 2012/03/22 11:28

    役者さんが豪華で、釣られて・・・という部分がありつつ見たのですが、ミステリー好きなら、この新たな感覚のお話を試して頂きたい!
    原作のほうも読んでみて、改めて、
    続きを読む

  • 不覚にも

    • ★★☆☆☆
    • ヌーボラ
    • 2009/01/05 14:31

    途中で何度もウトウト・・・眠ってしまいました。
    リプレイすること4回、でもやっぱりダメ。諦めて消去へ
    好きな俳優さんばかりなのですが・・残念。

  • まず原作を読むべきかも?

    • ★★☆☆☆
    • 君影譲二
    • 2008/12/07 23:13

    時間を前後させ、別々に起きる事件が結局最後には結びつく。
    こうしたミステリーの常套手段を、様々な登場人物で
    描き切って行こうとする努力は、感じましたが、
    続きを読む

もっと見る

ログインしてレビューを投稿する

閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの