映画
明日の記憶

明日の記憶
現在、放送予定はありません。

“世界のワタナベ”となった人気男優の渡辺謙が主演に加えてプロデュースも務め、荻原浩の小説を映画化。若年性アルツハイマー病と苦闘するサラリーマンを熱演した話題作。

ハリウッドなど国外でも活躍するようになった渡辺が米国滞在中、たまたま本作の原作を手に取り、主人公を自ら演じたいと望んだという成り立ちからして関心をそそられる意欲作。壮年で難病にかかる主人公役を、渡辺はまさに全身全霊を打ち込んで熱演。鮮やかに代表作を1本、足してみせた。TVや映画の「トリック」シリーズなど、まさに“トリッキー”な作風で知られる堤幸彦監督(渡辺も出演したTV「池袋ウエストゲートパーク」も手掛けた)も、本作では登場人物を真正面から見つめる骨太の好演出を見せている。

My番組登録者数
  • 0
明日の記憶

“世界のワタナベ”となった人気男優の渡辺謙が主演に加えてプロデュースも務め、荻原浩の小説を映画化。若年性アルツハイマー病と苦闘するサラリーマンを熱演した話題作。

広告代理店で働く49歳のサラリーマン、佐伯雅行。仕事は順調で、愛する妻・枝実子との生活は順調な上、ひとり娘である梨恵の結婚も近く、忙しいながらも幸福な日々を送っている。だが最近、急に物忘れが激しくなり、不安を覚えた佐伯は、訪れた病院で自分が“若年性アルツハイマー”だと診断される。佐伯はやり場のない怒りや不安にさいなまれつつも悩み、枝実子をパートナーとし、闘病生活に腰を据えようと決意を固めるが……。

作品データ

  • 制作年/2006
  • 制作国/日本
  • 内容時間/123分
  • ジャンル/ドラマ

出演

役名 役者名
佐伯雅行 渡辺謙
佐伯枝実子 樋口可南子
佐伯(伊東)梨恵 吹石一恵
伊東直也 坂口憲二
園田 田辺誠一
河村 香川照之
吉田 及川光博
木崎 木梨憲武
生野啓子 水川あさみ

スタッフ

  • 監督
    堤幸彦
  • エグゼクティブ・プロデューサー
    渡辺謙
  • 脚本
    砂本量
  • 脚本
    三浦有為子
  • 撮影
    唐沢悟
  • 音楽
    大島ミチル

関連特集

邦画メガヒットレジェンド

ウィークデイ・シネマ

ユーザーレビュー

現在、1件のレビューが登録されています。

  • 明日の記憶

    • ★★★★☆
    • tabetayo
    • 2011/01/25 22:34

    アルツハイマー病は原因不明だから誰だって発症する可能性はある.
    まさか自分だけはこんな事はないだろうと思うが漠然とした不安を抱いている.

    もしも発症した
    続きを読む

ログインしてレビューを投稿する

関連特集

邦画メガヒットレジェンド

ウィークデイ・シネマ

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの