映画
美しき運命の傷痕

美しき運命の傷痕
現在、放送予定はありません。

ポーランドの名匠K・キェシロフスキ監督の遺稿を、「ノー・マンズ・ランド」で注目された当時、新鋭だったD・タノヴィッチ監督が豪華キャスト陣を得て映画化した話題作。

ポーランドの名匠キェシロフスキ監督が亡くなるの直前、ダンテの「神曲」に想を得て構想を練っていた「天国」「地獄」「煉獄」という3部作。先にトム・ティクヴァ監督によって、「ヘヴン」として映画化された「天国」編に続き、本作では「地獄」編を「ノー・マンズ・ランド」で世界的注目を浴びた当時、新鋭だったタノヴィッチが鮮烈に映画化。C・ブーケ、E・ベアールら、豪華多彩なキャスト陣が繰り広げる鬼気迫る演技合戦が何よりの見ものだ。

美しき運命の傷痕

ポーランドの名匠K・キェシロフスキ監督の遺稿を、「ノー・マンズ・ランド」で注目された当時、新鋭だったD・タノヴィッチ監督が豪華キャスト陣を得て映画化した話題作。

22年前に起きた不幸な出来事によって幼くして父親を失い、それがそれぞれのトラウマとなって、今なお生活に暗い影を落としている3姉妹。長女ソフィは現在36歳で、写真家の夫との間に2人の子どもがいたが、夫の浮気に苦悩を募らせる。次女セリーヌは32歳だが孤独な日々を送り、身体が不自由な母親の世話を引き受けていた。そして若くて魅力的な女子大生の三女アンヌは、妻子がいる年の離れた大学教授と不倫をしていて……。

作品データ

  • 原題/L'Enfer
  • 制作年/2005
  • 制作国/フランス/イタリア/ベルギー/日本
  • 内容時間(字幕版)/103分
  • ジャンル/ドラマ

出演

役名 役者名
ソフィ エマニュエル・ベアール
セリーヌ カラン・ヴィアール
アンヌ マリー・ジラン
キャロル・ブーケ
フレデリック ジャック・ペラン
ピエール ジャック・ガンブラン
ルイ ジャン・ロシュフォール

スタッフ

  • 監督
    ダニス・タノヴィッチ
  • 製作
    マルク・バシェ
  • 製作
    マリオン・ヘンセル
  • 製作
    定井勇二ほか
  • 原案
    クシシュトフ・ピェシェヴィチ
  • 原案
    クシシュトフ・キェシロフスキ
  • 脚本
    クシシュトフ・ピェシェヴィチ
  • 撮影
    ローラン・ダイヤン
  • 音楽
    ダスコ・セグヴィッチ

ユーザーレビュー

投稿されているレビューはありません。

閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの