メニュー

映画
バッド・エデュケーション

バッド・エデュケーション
現在、放送予定はありません。

スペインの鬼才P・アルモドバル監督が、巧みな話術を駆使して観客を危険な愛の世界へといざなうラブサスペンス。2大イケメン、G・G・ベルナル&F・マルティネス共演。

「オール・アバウト・マイ・マザー」「トーク・トゥ・ハー」などで世界中の映画賞に輝き、すっかり世界の巨匠の仲間入りを果たしたアルモドバル監督。彼が2004年に発表したのが本作で、映画監督の主人公のもとに、かつての親友と称する魅力的な青年が現われ、愛憎渦巻くドラマを繰り広げる、切なくも狂おしいラブサスペンス。G・G・ベルナル&F・マルティネスというラテン系イケメン男優同士の息詰まる競演は最後まで目が離せない。

My番組登録者数
  • 0
バッド・エデュケーション

スペインの鬼才P・アルモドバル監督が、巧みな話術を駆使して観客を危険な愛の世界へといざなうラブサスペンス。2大イケメン、G・G・ベルナル&F・マルティネス共演。

1980年、スペインのマドリード。若くして成功した映画監督エンリケに、一冊の脚本を持った青年イグナシオがこれを映画化してほしいと申し出てくる。エンリケとイグナシオは少年時代に神学校の寄宿舎で育った親友同士だった。かつてと雰囲気が異なるイグナシオに、エンリケは疑念と不安を覚えるが、かつての思い出の日々を綴った脚本に魅了され、イグナシオの申し出を受け入れる。2人は映画の撮影を共同で進めていくが……。

作品データ

  • 原題/La Mala Educacion
  • 制作年/2004
  • 制作国/スペイン
  • 内容時間(字幕版)/106分
  • ジャンル/ドラマ

出演

役名 役者名
イグナシオ/アンヘル/サハラ ガエル・ガルシア・ベルナル
エンリケ フェレ・マルティネス
パキート ハビエル・カマラ
ベレングエル氏 ルイス・オマール
マノロ神父 ダニエル・ヒメネス・カチョ
モニカ レオノール・ワトリング

スタッフ

  • 監督
    ペドロ・アルモドバル
  • 製作
    ペドロ・アルモドバル
  • 製作
    アグスティン・アルモドバル
  • 脚本
    ペドロ・アルモドバル
  • 撮影
    ホセ・ルイス・アルカイネ
  • 音楽
    アルベルト・イグレシアス

ユーザーレビュー

現在、2件のレビューが登録されています。

  • 胸焼けしない

    • ★★★★☆
    • newmorning
    • 2015/08/09 19:54

    少年時代の回想劇と現代の2人を交差させて描き、その中に意外性のあるトリックが忍ばせてある。複雑な感じですが、語り口がとても手際よく、簡潔に進むドラマに引き込まれ 続きを読む

  • ネタバレ\ キサス・キサス・キサス /

    • ★★★★☆
    • mis@
    • 2015/08/02 03:10

    このレビューはネタばれのため本文を表示していません。 本文を見る

ログインしてレビューを投稿する

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの