メニュー

映画
愛と死をみつめて

愛と死をみつめて
現在、放送予定はありません。

不治の病に冒された若い娘とその恋人との一大ベストセラーとなった往復書簡集を基に、吉永小百合が薄幸のヒロインに扮して入魂の演技を見せ、大ヒットを記録した純愛映画。

顔面に生じた軟骨肉腫という難病のため、わずか21歳で亡くなった薄幸の女性、大島みち子。彼女とその恋人・河野実との間で取り交わされた手紙が、その死後、往復書簡集としてまとめられ、一大ベストセラーとなっていたものを、日活が、「キューポラのある街」以来の人気青春コンビ、吉永小百合&浜田光夫の顔合わせでドラマチックに映画化。吉永小百合の入魂の体当たり演技が観客の熱い涙と共感を誘い、映画は大ヒットを記録した。

My番組登録者数
  • 0
愛と死をみつめて

不治の病に冒された若い娘とその恋人との一大ベストセラーとなった往復書簡集を基に、吉永小百合が薄幸のヒロインに扮して入魂の演技を見せ、大ヒットを記録した純愛映画。

浪人中の学生・高野誠は、入院先の阪大病院で、明るく健気な若い女性患者・小島道子と初めて知り合う。以後、誠が東京の大学に進学した後も2人は文通を続け、彼がアルバイトで大阪にやってきた時は、せっせと道子を病院に見舞って、お互いの愛情を深め合うようになる。自分が軟骨肉腫という難病に冒されていることを知り、絶望と無力感に打ちひしがれて挫けそうになる道子を、誠は懸命に励まし、献身的な愛情で支え続けるが、無情にも彼女の病状は次第に悪化して…。

作品データ

  • 制作年/1964
  • 制作国/日本
  • 内容時間/118分
  • ジャンル/ラブロマンス/青春

出演

役名 役者名
小島道子 吉永小百合
高野誠 浜田光夫
小島正次 笠智衆
K先生 内藤武敏
中山仙十郎 宇野重吉
吉川ハナ 北林谷栄
佐竹トシ ミヤコ蝶々

スタッフ

  • 監督
    斎藤武市
  • 脚本
    八木保太郎
  • 撮影
    萩原憲治

ユーザーレビュー

現在、1件のレビューが登録されています。

  • 再放送希望

    • ★★★★☆
    • 秋山酔歩
    • 2011/11/20 18:11

    泣きたい、感動したい、...というより個人的には、ときにはしんみりとといった感じですが。
    吉永小百合さん出演のこのバージョンがよいと思います。
    再放送希望さ
    続きを読む

ログインしてレビューを投稿する

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの