映画
映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲

映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲
現在、放送予定はありません。

大人を20世紀のノスタルジーにしがみつかせる陰謀の中、しんちゃんと仲間たちは町に未来を取り戻そうと大活躍! “映画クレしん”の完成度を世に知らしめた第9作。

“昭和”を忘れられない大人の気持ちを徹底的にくすぐるというテーマもあって、それまで大人も楽しめると一部の人に愛されてきた「映画クレヨンしんちゃん」の魅力が広く知れわたることになった第9作。必死にがんばり続けるしんちゃんたちの活躍に子どもたちが喝采を送る一方で、大人たちは1970年の大阪万博をモチーフにしたテーマパークや父親ひろしの回想シーンで流れる吉田拓郎の歌などにノスタルジーを刺激されて涙することに。映画版第5作から監督を務める原恵一の作家性の強さが色濃く出た1作となった。

My番組登録者数
  • 0
映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲

大人を20世紀のノスタルジーにしがみつかせる陰謀の中、しんちゃんと仲間たちは町に未来を取り戻そうと大活躍! “映画クレしん”の完成度を世に知らしめた第9作。

埼玉県春日部に突如出現したテーマパーク“20世紀博”。そこでは、しんのすけの父ひろしや母みさえが育った1970年代の暮らしが再現されていて、いつしか大人たちは、子どもそっちのけでノスタルジックな世界に魅了されていく。やがて、ついに大人たちが20世紀博の会場から戻ってこない異常事態に発展、しんちゃんと仲間たち“カスカベ防衛隊”は、パークを仕切る秘密結社“イエスタデイ・ワンスモア”に立ち向かう。

作品データ

  • 制作年/2001
  • 制作国/日本
  • 内容時間/91分
  • ジャンル/アニメーション

楽曲情報

  • 吉田拓郎
    今日までそして明日から
  • ベッツィ&クリス
    白い色は恋人の色

出演

役名
野原しんのすけ(しんちゃん) 矢島晶子
野原みさえ ならはしみき
野原ひろし 藤原啓治
野原ひまわり こおろぎさとみ
風間くん/シロ 真柴摩利
チャコ 小林愛
ケン 津嘉山正種

スタッフ

  • 監督
    原恵一
  • 演出
    水島努
  • 脚本
    原恵一
  • キャラクターデザイン
    末吉裕一郎
  • キャラクターデザイン
    原勝徳
  • 作画監督
    原勝徳
  • 作画監督
    堤規至
  • 作画監督
    間々田益男
  • 音楽
    荒川敏行
  • 音楽
    浜口史郎

ユーザーレビュー

現在、1件のレビューが登録されています。

  • 1950年代から60年代生まれの人には最高の映画カモ?

    • ★★★★☆
    • さすらいダイバー
    • 2019/04/12 18:29

    いきなりEXPO70!太陽の塔、万国博覧会のシーン。一番好きなシーンは、いつもボー、っとしているボーちゃんは実はクルマの運転を知っている、という事。でも小さいか 続きを読む

ログインしてレビューを投稿する

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの