映画
映画クレヨンしんちゃん 電撃!ブタのヒヅメ大作戦

映画クレヨンしんちゃん 電撃!ブタのヒヅメ大作戦
現在、放送予定はありません。

秘密結社“ブタのヒヅメ”が企む世界征服の陰謀に、しんちゃんたちが立ち向かう! 映画第6作は、春日部から香港へと世界を股にかけて展開する爆笑スパイアクョン。

放送開始から四半世紀を過ぎ、今や世界各国で大人気のTVアニメ「クレヨンしんちゃん」の映画版第6作。今回は国際スパイ戦に巻き込まれたしんちゃん一家と仲間たちが、大騒動を巻き起こしながら悪の組織に立ち向かう。冒頭の空中要塞を舞台にしたアバンタイトルから、もはやパロディの域を越えた本気のアクションが展開。“映画クレしん”シリーズに大人のファンが多いことにも納得だ。全編にちりばめられたギャグに加え、野原一家が固く結ばれた家族愛で大活躍をみせる恒例のクライマックスはカタルシス満点!

My番組登録者数
  • 0
映画クレヨンしんちゃん 電撃!ブタのヒヅメ大作戦

秘密結社“ブタのヒヅメ”が企む世界征服の陰謀に、しんちゃんたちが立ち向かう! 映画第6作は、春日部から香港へと世界を股にかけて展開する爆笑スパイアクョン。

国際諜報組織SMLの女性エージェント“お色気”は、秘密結社“ブタのヒヅメ”の空中要塞から新兵器の重要パーツを盗み出した。要塞から脱出した彼女は東京湾に着水、近くを通りがかった屋形船へと逃れた。折りしもその船では、しんのすけたちふたば幼稚園の一行が遠足の真っ最中。しんのすけと仲間たちは“お色気”もろとも空中要塞に捕まってしまう。一方、野原家のもとに、SMLのエージェント“筋肉”が現われて……。

作品データ

  • 制作年/1998
  • 制作国/日本
  • 内容時間/100分
  • ジャンル/アニメーション

出演

役名
野原しんのすけ 矢島晶子
野原みさえ ならはしみき
野原ひろし 藤原啓治
野原ひまわり こおろぎさとみ
風間くん 真柴摩利
ネネちゃん 林玉緒
マサオくん 一龍斎貞友
ボーちゃん 佐藤智恵
筋肉 玄田哲章
ぶりぶりざえもん 塩沢兼人
IZAM IZAM(SHAZNA)

スタッフ

  • 監督・脚本・絵コンテ
    原恵一
  • 作画監督
    原勝徳
  • 作画監督
    堤のりゆき
  • 音楽
    荒川敏行
  • 音楽
    宮崎慎二

関連特集

最新作公開記念!「映画クレヨンしんちゃん」一挙放送だゾ

4月の新作公開を記念して映画版を一挙放送

ユーザーレビュー

投稿されているレビューはありません。

関連特集

最新作公開記念!「映画クレヨンしんちゃん」一挙放送だゾ

4月の新作公開を記念して映画版を一挙放送

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの