映画
ロボコップ(1987)

ロボコップ(1987)
現在、放送予定はありません。

ギャングによって殺された警察官マーフィは、無敵のサイボーグ警官ロボコップとなってよみがえる……! 大ヒットシリーズに発展していく近未来SFアクションの第1作。

機械の体を持つ警官ロボコップの活躍を描いた痛快編。後にシリーズ化され、TV版も作られるほどの人気作に。往年のアニメ「8マン」を思わせる設定や、《宇宙刑事》シリーズを彷彿とさせるロボコップの造形などに日本のアニメ・特撮の影響が強く見られ、後の日本文化ブームを先取りした作品ともいえよう。監督は「スターシップ・トゥルーパーズ」のP・ヴァーホーヴェン。ギャングによる惨殺シーンや人間時の記憶に悩まされるロボコップの描写など、盛りだくさんの内容をテンポよく描き切って本作を傑作に高めた。

My番組登録者数
  • 0
ロボコップ(1987)

ギャングによって殺された警察官マーフィは、無敵のサイボーグ警官ロボコップとなってよみがえる……! 大ヒットシリーズに発展していく近未来SFアクションの第1作。

近未来のデトロイトでは警察の仕事が民営化され、市警は巨大企業オムニ社の傘下に。そんな市警の警察官マーフィはギャング団に捕らえられ、惨殺されてしまう。だがオムニ社はかねてより計画していたサイボーグ警官ロボコップの実験にマーフィの遺体を利用。機械のボディに脳などを移植されたマーフィは、無敵のロボコップに生まれ変わる。人間時代の記憶を消されたロボコップだが、やがて時折マーフィの記憶が脳裏に浮かぶように。

作品データ

  • 原題/Robocop
  • 制作年/1987
  • 制作国/アメリカ
  • 内容時間(字幕版)/103分
  • 内容時間(吹替版)/103分
  • ジャンル/SF/ファンタジー

出演

役名 役者名
マーフィ/ロボコップ ピーター・ウェラー
アン・ルイス ナンシー・アレン
オムニ社社長オールドマン ダン・オハーリヒー
ジョーンズ ロニー・コックス
クラレンス カートウッド・スミス
モートン ミゲル・フェラー

スタッフ

  • 監督
    ポール・ヴァーホーヴェン
  • 製作
    アーン・L・シュミット
  • 製作
    ジョン・デーヴィソン
  • 脚本
    エド・ニューマイヤー
  • 脚本
    マイケル・マイナー
  • 撮影
    ヨスト・ヴァカーノ
  • 音楽
    ベイジル・ポールドゥリス
  • 特殊メーク
    ロブ・ボッティン

関連特集

昼下がりのシネ窓

ユーザーレビュー

現在、1件のレビューが登録されています。

  • ネタバレダーク

    • ★★★☆☆
    • Elcielo
    • 2009/03/09 18:30

    このレビューはネタばれのため本文を表示していません。 本文を見る

ログインしてレビューを投稿する

関連特集

昼下がりのシネ窓

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの