映画
ザ・コア

ザ・コア

11/2(火)午前4:15

11/28(日)午前5:55

地球の核(コア)が停止し、人類は滅亡の危機に! 最後の望みを懸け、科学者チームが地球の中心へと向かう。驚異のVFXで未知なる地底への旅を描くSFアドベンチャー。

人類滅亡までわずか1年! 停止した地球のコアを再始動させるため、決死の冒険に出発した科学者たちの活躍を描くSF大作。地表のパニックと地中のスリルがテンポよく展開し、地底版「アルマゲドン」ともいうようなエンターテインメントに仕上がっている。宇宙や海底を舞台にしたVFX映画は数多いが、地底というのは珍しい。言葉でしか知らなかったマントルやコア、さらには地中の圧力で生まれた巨大水晶やダイヤモンドと知的好奇心を刺激するようなスペクタクル映像が驚異のVFXで展開する。

My番組登録者数
  • 239
ザ・コア

地球の核(コア)が停止し、人類は滅亡の危機に! 最後の望みを懸け、科学者チームが地球の中心へと向かう。驚異のVFXで未知なる地底への旅を描くSFアドベンチャー。

ペースメーカー使用者の突然死、渡り鳥の墜落死といった異常な事件が起きる。スペースシャトルの誘導装置にまで原因不明の故障が起き、一連の事件を検証していた物理学者キーズ博士は、原因が地球のコアが停止したことによる磁場異常だと突き止める。このままでは1年後に磁場が完全に消滅し、地球は有害な宇宙線に焼き尽くされてしまう。政府は極秘裏にコア再始動のプロジェクトを進め、キーズ博士らは地球の中心へと向かう。

作品データ

  • 原題/The Core
  • 制作年/2003
  • 制作国/アメリカ
  • 内容時間(字幕版)/135分
  • 内容時間(吹替版)/135分
  • ジャンル/SF/ファンタジー

出演

役名 役者名
ジョシュ・キーズ博士 アーロン・エッカート 大塚芳忠
レベッカ”ベック”チャイルズ少佐 ヒラリー・スワンク 魏涼子
エドワード“ブラズ”ブラズルトン デルロイ・リンド 島香裕
コンラッド・ジムスキー博士 スタンリー・トゥッチ 谷昌樹
サージ・レベック博士 チェッキー・カリョ 土師孝也
トーマス・パーセル将軍 リチャード・ジェンキンス 有本欽隆
スティックリー アルフレ・ウッダード 松岡洋子
ロバート・アイバーソン船長 ブルース・グリーンウッド 金尾哲夫

スタッフ

  • 監督
    ジョン・アミエル
  • 製作
    ショーン・ベイリー
  • 製作
    デヴィッド・フォスター
  • 製作
    クーパー・レイン
  • 脚本
    クーパー・レイン
  • 脚本
    ジョン・ロジャース
  • 撮影
    ジョン・リンドレー
  • 音楽
    クリストファー・ヤング

関連特集

昼下がりのシネ窓

ユーザーレビュー

現在、2件のレビューが登録されています。

  • この映画の演出…これって狙ってる?

    • ★☆☆☆☆
    • あしか♂
    • 2017/01/09 20:07

    クルーの会話・行動に緊迫感がない。
    これは、見る側へのイライラを募らせる
    演出なのか?

  • なんとなく観たら意外と面白い地球内SF映画

    • ★★★★☆
    • さすらいダイバー
    • 2016/10/29 11:36

    深夜の民放再放送を気まぐれに録画したら意外に面白かった。ヒラリー・スワンクが2度アカデミー主演女優賞に輝く間に出演した贅沢な作品。「ブロークンアロー」「身代金」 続きを読む

ログインしてレビューを投稿する

関連特集

昼下がりのシネ窓

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの