映画
シカゴ(2002)

シカゴ(2002)

5/16(土)午前6:05

※中止の場合あり

故ボブ・フォッシーが生んだヒットミュージカル舞台劇を、ハリウッドの人気スター陣の競演で豪華絢爛に映画化。第75回アカデミー賞で作品賞をはじめ計6部門で受賞した。

フォッシー(「オール・ザット・ジャズ」など)が生み出した同名人気ブロードウェイミュージカルが、ハリウッドのトップスターたちの豪華競演で、ついに映画化を実現。第75回アカデミー賞では実に12部門で計13のノミネーションを獲得し、ミュージカル映画としては34年ぶりの快挙となる作品賞に輝いたのをはじめ、計6部門で受賞。同賞で助演女優賞に輝いたC・ゼタ=ジョーンズはもちろん、本格的な歌と踊りに体当たりで挑戦したR・ゼルウィガー、R・ギアらのダイナミックな熱演も見ものだ。

My番組登録者数
  • 183
シカゴ(2002)

故ボブ・フォッシーが生んだヒットミュージカル舞台劇を、ハリウッドの人気スター陣の競演で豪華絢爛に映画化。第75回アカデミー賞で作品賞をはじめ計6部門で受賞した。

1920年代のシカゴ。スターを夢見る女性ロキシーは、ショーに売り込んでやるという甘言につられ、夫に隠れて浮気を働くが、自分が騙されていると知って思わず相手を殺し、逮捕される。刑務所には、ロキシーの憧れの的ヴェルマも、やはり殺人容疑で留置されていた。ヴェルマは敏腕弁護士のビリーを雇うと、事件をスキャンダルに仕立ててさらに自分を売り出そうと画策。それを見て、ロキシーも二匹目のどじょうを狙うのだが……。

作品データ

  • 原題/Chicago
  • 制作年/2002
  • 制作国/アメリカ
  • 内容時間(字幕版)/114分
  • 内容時間(吹替版)/114分
  • ジャンル/ミュージカル/音楽映画

受賞歴

  • 第75回(2002)アカデミー賞作品賞
  • 第10回(1937)アカデミー賞助演女優賞「アリス・ブラディ」
  • 第75回(2002)アカデミー賞助演女優賞「キャサリン・ゼタ=ジョーンズ」
  • 第10回(1937)アカデミー賞助監督賞「ロバート・ウェッブ」
  • 第75回(2002)アカデミー賞美術賞「ジョン・マイヤー、ゴードン・シム 」
  • 第75回(2002)アカデミー賞編集賞「マーティン・ウォルシュ」
  • 第75回(2002)アカデミー賞衣装デザイン賞「コリーン・アトウッド」
  • 第75回(2002)アカデミー賞音響賞

出演

役名 役者名
ロキシー・ハート レニー・ゼルウィガー
ヴェルマ・ケリー キャサリン・ゼタ=ジョーンズ
ビリー・フリン リチャード・ギア
ママ・モートン クイーン・ラティファ
エイモス・ハート ジョン・C・ライリー
バンド・リーダー テイ・ディグス
キティー ルーシー・リュー

スタッフ

  • 監督
    ロブ・マーシャル
  • 製作総指揮
    ニール・メロン
  • 製作総指揮
    クレイグ・ゼイダン
  • 製作総指揮
    ジェニファー・バーマン
  • 製作総指揮
    サム・クロザーズ
  • 製作総指揮
    メリル・ポスター
  • 製作総指揮
    ボブ・ワインスタイン
  • 製作総指揮
    ハーヴェイ・ワインスタイン
  • 製作
    マーティ・リチャーズ
  • 脚本
    ビル・コンドン
  • 撮影
    ディオン・ビーブ
  • 音楽
    ジョン・カンダー
  • 音楽
    ダニー・エルフマン

関連特集

アンコール!アカデミー賞特集2020

ユーザーレビュー

投稿されているレビューはありません。

関連特集

アンコール!アカデミー賞特集2020

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの